スクリーンリーダー用ショートカット

 

中間前金払制度について

最終更新日:2015年4月1日(水)ページID:001045印刷する

前橋市では、平成22年度より、中間前金払制度を導入いたしました。

中間前金払制度とは

建設工事の前払金について、当初の前払金(請負代金額の4割以内)に追加して、さらに請負代金額の2割以内を受け取ることができる制度です。

対象工事

下記の全ての条件を満たすものです。

  1. 前払金の支払いが行われる工事(当初設計金額200万円以上の工事)
  2. 当初工事期間が90日以上の工事(土曜日、日曜日、祝祭日を含む。)

支払要件

下記の全ての条件を満たすことが必要です。

  1. 工期の2分の1を経過していること
  2. 工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること
  3. 既に行われた当該工事に係る作業に要する費用が請負代金額の2分の1以上の額に相当するものであること

中間前金払と部分払の選択

中間前金払と部分払がどちらも設定されている工事の場合には、「中間前金払 部分払選択届(様式第1号)」により、いずれかを選択し、契約を締結します。以後の変更はできません。但し、債務負担行為で中間前金払を選択した場合には、当該年度における出来高部分の額が予定額に達した際には、その年度の支払限度額の範囲内で部分払を受けることができます。

手続きについて

  1. 工事担当課へ「中間前金払認定請求書(様式第2号)」「履行報告書(中間前金払用)(様式第3号)」を提出します。記載にあたっては、各様式の注意事項に留意し、工事担当課の監督員に確認の上、作成してください。
  2. 「中間前金払認定請求書」が受付になると7日以内に「中間前金払認定調書」が発行されますので受領します。
  3. 保証会社へ「中間前金払認定調書」を提出し、中間前払金保証の保証申込を行ないます。
  4. 保証会社から中間前払金保証証書を受領します。
  5. 契約監理課へ中間前払金保証証書と「中間前払金請求書(様式第20号の2)」を提出します。
  6. 以降の手続きは保証会社へお訊ねください。

請求書等の書式

中間前払金請求書等の書式は、前橋市ホームページの契約等に必要な様式(建設工事)(新しいウィンドウで開きます)に掲載してありますので、ダウンロードして作成、提出してください。

お問い合わせ先

契約監理課  審査契約室

  • 電話:027-898-6288
  • ファクス:027-243-3522

前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)