スクリーンリーダー用ショートカット

 

前橋市発注建設工事の前払金の使途拡大に係る取扱いの継続について

最終更新日:2017年5月1日(月)ページID:017995印刷する

 

前橋市発注建設工事の前払金の使途拡大に係る取扱いの継続について


 国が前払金の使途を拡大した特例措置の期間延長を決めたことを踏まえて、本市においても以下のように延長することとしましたので、お知らせします。

特例措置について

1 特例措置の内容
 これまで前払金を充当できるとした経費に加え、次の経費にも充当できるものとします。現場管理費(労働者災害補償保険料を含む。)及び一般管理費のうち当該工事の施工に要する費用(保証料を含む。)ただし、前払金額の100分の25を上限とする。 

2 適用対象となる契約
 平成28年7月1日以降に公告、指名通知、又は見積依頼を行った建設工事で、平成30年3月31日までに請負契約を締結する工事(債務負担行為に係るものを含む。)に係る前払金で、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに払出しが行われるもの。(建設工事請負契約のみに適用し、委託業務等その他の契約には適用しません。)  

※前払金の使途や払出手続きについては、各保証事業会社にお問い合わせください。 
 

お問い合わせ先

契約監理課  審査契約室

  • 電話:027-898-6288
  • ファクス:027-243-3522

前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)