スクリーンリーダー用ショートカット

 

(事業者向け)ストレスチェック制度について

最終更新日:2017年8月24日(木)ページID:017784印刷する

ストレスチェックとは

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。
「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では、2015年12月から、毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。

労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。

ストレスチェック制度について

平成27年12月1日より、労働者50人以上を使用する事業場については、【心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)】の実施が義務付けられております。(労働者数50人未満の事業場については、努力義務となっています。)

ストレスチェック(面接指導等を含む)を実施した場合、その結果を所轄労働基準監督署長あてに、所定の様式(様式第6号の2)により報告する義務があります。
事業所における報告の有無を確認のうえ、適切な報告をお願いします。

厚生労働省のホームページに「ストレスチェック制度導入マニュアル」があります。
「ストレスチェック制度導入マニュアル」
 

参考

 厚生労働省HP
ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等

 

お問い合わせ先

産業政策課 雇用促進係

  • 電話:027-898-6985
  • ファクス:027-224-1188

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)