スクリーンリーダー用ショートカット

 

GAP相談窓口を設置します

最終更新日:2017年9月4日(月)ページID:018475印刷する

GAPとは

 「Good Agricultural Practice(良い農業の実践)」の略称で、生産者が農産物を生産する中で守らなければならない当たり前のルールを活用し、安全な農産物の生産、品質向上、環境と調和した農業、作業の安全性を目的として生産工程全体を通じ、適切な農業生産を実践する取り組みのことです。
 例えば、下記にあげた項目です。
 ・登録農薬を使用基準どおり使用したか。
 ・作業用具、機械は定期的なメンテナンスと清掃を実施したか。

 最近では、2020年の東京オリンピック、パラリンピックの食材提供基準にもなり、GAPに注目が集まっていますので、今後ますます食品の安全・安心を求める声は大きくなると予想されます。

 前橋市としては、昨年度から、GAP認証を取得する生産者に対する支援策として、GAP認証の取得費用の2分の1を補助しています。しかし、まだまだGAPの認知度は低い状況にあります。そこで、GAPを周知するため、今年度、農林課の職員がJGAPの指導員資格を取得しました。認証を目指す生産者の農場確認や指導だけではなく、GAPに関するさまざまな相談を受けたいと思います。

関連サイト 

【受付中】GAP取得推進事業補助金
・群馬県ホームページ「GAP(農業生産工程管理)」 www.pref.gunma.jp/06/f0900060.html

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

農林課農産園芸係

  • 電話:027-898-6705
  • ファクス:027-223-8527

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)