スクリーンリーダー用ショートカット

 

前橋南部拠点地区について

最終更新日:2015年3月31日(火)ページID:002723印刷する

「前橋・高崎地方拠点都市地域の基本計画」の変更について

前橋・高崎地方拠点都市地域の基本計画が変更になりました
「前橋・高崎地方拠点都市地域基本計画」は平成6年10月に策定され、各市町村では計画目標に向かって事業を推進してきました。
今回、基本計画の目標期間である10年を経過したことや、平成の大合併により地域内の市町村に変更があったことなどから、群馬県知事の承認を受けて、平成20年3月に「基本計画」の変更を行いました。

前橋・高崎地方拠点都市の概要
前橋・高崎地方拠点都市地域は、平成5年4月に当時の10市町村(4市5町1村)による区域指定を受けていますが、平成の大合併により、現在は5市町(4市1町)による構成となっています。
地方拠点法やほかの拠点地区について詳しく知りたい場合は、
群馬県央ホームページ(群馬県央拠点都市地域整備推進協議会)(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

1.前橋南部拠点地区の概要

平成6年度に「前橋・高崎地方拠点都市地域基本計画」を群馬県知事が承認し、「前橋南部拠点地区」として位置づけられました
区域
鶴光路町・新堀町・下阿内町・亀里町・横手町の各一部
面積
約126ヘクタール
整備方針
インターチェンジ活用型の流通・研究開発拠点
ゾーニング
平成8年度の「まちづくり基本構想調査」で導入機能を想定
(主なゾーンの概要)

  1. 新産業業務・研究開発ゾーン
    先端技術・情報等に関する研究開発の推進や、地域の産業・企業を育成支援するための機能を備えた施設及び研究機関等を誘導
  2. 流通ゾーン
    IC近接の立地特性を活かし、広域対応の総合的な物流及び商業機能を導入
  3. 居住ゾーン(2ヶ所)
    • 既存集落との調和を図り、一体的な市街地を形成
    • 地区内の産業機能配置に対応する職住近接性を持った住宅団地 

位置図
南部拠点地区位置図(画像形式(PNG):47KB)
区域図
南部拠点区域図(PDF形式:539KB) 

2.現在までの主な経過

平成13年3月
地区を横断する北関東自動車道・前橋南ICが供用を開始
平成15年9月
群馬産業技術センターが開設
平成16年5月
新産業業務・研究開発ゾーンの一部21.4ヘクタールが市街化区域編入、
併せて用途地域、地区計画、緑地、道路を都市計画決定
平成16年5月
亀里地区土地区画整理事業の施行認可
平成18年1月
ベイシアビジネスセンターが開設
平成18年3月
亀里地区土地区画整理事業が終了
平成21年8月
南部拠点東地区、西地区他市街化区域編入
南部拠点東地区土地区画整理組合設立認可
平成21年10月
南部拠点西地区土地区画整理組合設立認可
平成25年5月
南部拠点東地区土地区画整理事業が終了 

3.その他

地方拠点法やほかの拠点地区について詳しく知りたい場合は、
群馬県央Homepage(群馬県央拠点都市地域整備推進協議会)をご覧ください。

お問い合わせ先

区画整理課 

  • 電話:027-898-6912
  • ファクス:027-221-2361

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)