スクリーンリーダー用ショートカット

 

前橋市 立地適正化計画

最終更新日:2018年6月8日(金)ページID:016552印刷する

 立地適正化計画とは、都市再生特別措置法に位置付けられた医療や福祉、商業などや居住がまとまって立地し、高齢者をはじめとする住民が公共交通によりこれらの生活利便施設等にアクセスできるなど、福祉や交通なども含めて都市全体の構造を見直すものであり、これまでの都市計画法に基づく都市計画マスタープランや土地利用規制等とは異なり、これまで以上に都市における活動や都市機能に着目し、高度な取り組みを推進する計画となります。

計画概要

【背景と目的】

 本市は、既に人口減少や市街地の拡散が進んでいる状況下にあり、今後はさらに急激な人口減少・高齢化が進むと推計され、将来を見据えたまちづくりの転換が必要となってきています。
 本計画は、こうした状況を踏まえ、医療や福祉、商業などの都市機能施設や居住などがまとまって立地し、公共交通を介して移動しやすい環境を備えた「コンパクトシティ・プラス・ネットワー ク」として、将来を見据えた持続性のあるまちづくりの実現を図ることを目的としています。 

【計画区域】

 都市計画区域全域
 ・前橋都市計画区域
 ・前橋勢多都市計画区域
 ・富士見都市計画区域
 ※富士見都市計画区域は、合併10年後を踏まえた都市計画区域の見直しにより段階的に策定・公表します。

【計画期間】

 おおむね20年後を見据えた平成52年を計画期間とします。 

制度概要

 立地適正化計画の区域は、都市計画区域内でなければならず、都市計画区域全体とすることが基本となります。
 また、立地適正化計画区域内に、居住誘導区域と都市機能誘導区域の双方を定めるとともに、居住誘導区域の中に都市機能誘導区域を定めることが必要です。

【都市機能誘導区域の設定】
 都市機能誘導区域は、医療や福祉、商業などの都市機能施設をそれぞれの地域の拠点に誘導し集積することにより、これらの各種サービスの効率的な提供を図る区域です。
【誘導施設の設定】
 誘導施設とは、都市機能誘導区域ごとに、立地を誘導すべき医療や福祉、商業などの都市機能施設です。 



【居住誘導区域の設定】igmae
 居住誘導区域は、人口減少の中にあっても一定エリアにおいて人口密度を維持することにより、日常生活サービスやコミュニティが持続的に確保されるよう、居住を誘導すべき区域です。

※都市機能誘導区域は平成29年度、居住誘導区域は平成30年度に策定・公表する予定です。 
 

 その他、制度の詳細につきましては、国土交通省のホームページをご覧ください。
 国土交通省ホームページ(新しいウィンドウで開きます)


 

市民意見の反映

 計画の策定にあたり、これまでに市民アンケートやオープンハウス、市民説明会、パブリックコメントを実施し、様々な市民の方々のご意見を踏まえながら取り組んできました。
 

【市民アンケート】

 今後のまちづくりを進めていく上で、まちづくりに関する市民アンケートを実施し、計1,626人の方々からご意見をいただきました。
 実施期間 平成28年9月23日~10月11日

 アンケート集計結果

 今後の人口推計とコンパクトなまちづくりの推進について
 

【オープンハウス】

 けやきウォーク前橋2階のブリッジをお借りして、コンパクトなまちづくりに関するオープンハウスを実施しました。
 今後の人口減少、少子高齢化社会によって起こる問題、コンパクトなまちづくりの考え方を知っていただき、多くの皆様よりご意見をいただきました。
 実施期間 平成28年10月15日,16日

                 〔職員によるパネルを使った説明〕                   〔アンケートによりご意見を聴取〕
   paneru    anke

 当日展示パネル
・人口減少、高齢化社会の進展による課題やコンパクトなまちづくりの考え方について、パネルにより担当者が補足説明をしながら、多くの皆さまの声を伺うことができました。

 アンケート集計結果
・2日間の開催で、計184人の方々からご意見をいただきました。
 
 オープンハウスとは?
 オープンハウスとは、計画や白書などの内容について、市民の方々とコミュニケーションを図りながら説明をする手法のひとつです。
 特定の方々を対象に開催するワークショップとは異なり、ショッピングセンターなどにおいて不特定多数の方々を対象に開催するもので、概要をパネル展示したり、担当者が直接に意見を聴くものとして、国土交通省や一部の自治体などで取り入れられている手法です。 
 

【市民説明会】

〇中央公民館(前橋プラザ元気21)をはじめ、市内5か所において、計画の内容や必要性などを市民の方々にご説明させていただきました。

実施日  平成29年7月12日  元総社市民サービスセンター
     平成29年7月14日  南橘市民サービスセンター                            
     平成29年7月16日  中央公民館
     平成29年7月18日  上川淵市民サービスセンター
     平成29年7月20日  大胡公民館 

        〔職員によるスライドを使用した説明〕
     大胡説明会

 市民説明会実施結果

 

【パブリックコメント】

 計画の策定にあたり、計画の素案について市民の方々からのご意見をいただきました。
 実施期間 平成29年9月13日~10月13日    

 パブリックコメント実施結果

 

都市計画審議会

 計画を策定するには、都市再生特別措置法第81条の規定に基づき、都市計画審議会の意見を聴取することとされています。

 本市の立地適正化計画(都市機能誘導区域)は、平成29年11月21日に開催された前橋市都市計画審議会において、計画の素案を諮問したところ、即日答申となりました。

 前橋市都市計画審議会のページはこちら。
 前橋市都市計画審議会(新しいウィンドウで開きます)
 

届出制度

 本市では、立地適正化計画(都市機能誘導区域)を平成29年度中に公表することで現在手続きを進めています。
 立地適正化計画(都市機能誘導区域)が公表されると、誘導施設の整備を行う場合は、都市再生特別措置法第108条の規定に基づき、開発行為や建築行為に着手する日の30日前までに市への届出が必要となります。

※届出制度の詳細については、計画の公表に合わせて、今後ホームページ等に掲載します。
  

 【届出の対象】

 届出の対象となる行為
 【開発行為】
  ・誘導施設を有する建築物の建築目的の開発行為を行う場合
 【開発行為以外】
  ・誘導施設を有する建築物を新築する場合
  ・建築物を改築し、誘導施設を有する建築物とする場合
  ・建築物の用途を変更して、誘導施設を有する建築物とする場合
 

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

関連サイト

お問い合わせ先

市街地整備課 再開発係

  • 電話:027-898-6004
  • ファクス:027-221-2361

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)