スクリーンリーダー用ショートカット

 

小規模製造業者向けの自主衛生管理マニュアル(例)を作成しました

最終更新日:2012年5月2日(水)ページID:008709印刷する

はじめに

衛生管理マニュアルとは

    事業者が、日頃から取り組んでいる施設の衛生管理の方法等について、文書化するものです。
     食品の製造や加工についての作業手順や管理方法は、それぞれの施設で異なります。
     各施設に応じた衛生管理の方法や頻度、記録の記載方法などを具体的に定めたものが衛生管理マニュアル(以下「マ
    ニュアル」という。)です。

マニュアルの作成にあたって

     作成したマニュアルに基づいた衛生管理を確実に実施することが重要になります。つまり、立派なマニュアルを作っても、
   継続して実施できなければ意味がありません。各施設に見合ったマニュアルを作成することが重要です。
     衛生管理の方法や頻度を定める必要があることから、「いつ」「誰が」「何を」「どのように行うのか」を具体的に記載してくだ
    さい。
       また、改善等を実施した際は、記録に残す習慣を身につけるよう衛生教育を行うことも大切です。
      従事者に「なぜ」実施するのか「理由」を理解させることで、より効率的かつ衛生的に作業を行うことができます。

重要事項

     自主性:各施設に応じた衛生管理の手法を定める。
      具体性:衛生管理の方法、実施記録の頻度等を具体的に定める。
      客観性:マニュアルに記載した方法等を確実に実施し、作業内容を記録に保管することにより、第三者が記録を見て判断
                 できる。


   下記関連書類を参考にしてください。

関連書類

お問い合わせ先

衛生検査課 食品衛生係

  • 電話:027-220-5778
  • ファクス:027-223-8835

群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)