スクリーンリーダー用ショートカット

 

レジ袋削減にご協力を

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:002392印刷する

市内のスーパー等で、レジ袋として市指定ごみ袋の配布が、順次取りやめになります。

経緯

昨年8月に県が主体となり、市民団体、事業者、市町村が参加して「群馬県レジ袋削減推進協議会」が組織され、レジ袋の無料配布中止を目指して協議を進めてきました。
その中で事業者より、前橋市では、市指定ごみ袋をレジ袋として配布しているので、レジ袋の辞退率が低く無料配布をやめにくいとの意見が出されました。
このため、県と前橋市、事業者で意見交換会を行った結果、参加事業者各社とも市指定ごみ袋をレジ袋として配布することはやめたいということで、各社の在庫等の状況をみながら、順次取りやめていくことになりました。

お願い

レジ袋は前橋市で、年間約8,000万枚が使われ、重量は約800トン、CO2排出量は約5,000トン、原油消費量は約1,500klになると推計しています。
地球温暖化防止やごみ減量を進めるために、レジ袋削減は必要です。
マイバッグやマイバスケットを使って、レジ袋を断るライフスタイルを定着させましょう。
また「群馬県レジ袋削減推進協議会」でも、レジ袋無料配布中止を目指して、協議を進めていく予定ですので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

ラジアス

お問い合わせ先

ごみ減量課 

  • 電話:027-898-6272
  • ファクス:027-223-8524

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)