スクリーンリーダー用ショートカット

 

土壌汚染対策法に基づく特定有害物質及び基準値

最終更新日:2017年4月3日(月)ページID:017836印刷する

  土壌汚染対策法では、特定有害物質として25物質(平成29年4月から26物質)が定められています。
 基準値は、以下のとおりです。 

揮発性有機化合物(第1種特定有害物質)
項目 溶出量基準(指定基準) 含有量基準(指定基準)
クロロエチレン(平成29年4月1日追加) 検液1Lにつき0.002mg以下 -
四塩化炭素 検液1Lにつき0.002mg以下 -
1,2-ジクロロエタン 検液1Lにつき0.004mg以下 -
1,1-ジクロロエチレン 検液1Lにつき0.1mg以下 -
シス-1,2-ジクロロエチレン 検液1Lにつき0.04mg以下 -
1,3-ジクロロプロペン 検液1Lにつき0.002mg以下 -
ジクロロメタン 検液1Lにつき0.02mg以下 -
テトラクロロエチレン 検液1Lにつき0.01mg以下 -
1,1,1-トリクロロエタン 検液1Lにつき1mg以下 -
1,1,2-トリクロロエタン 検液1Lにつき0.006mg以下 -
トリクロロエチレン 検液1Lにつき0.03mg以下 -
ベンゼン 検液1Lにつき0.01mg以下 -
重金属等(第2種特定有害物質)
 項目 溶出量基準(指定基準) 含有量基準(指定基準)
カドミウム及びその化合物 検液1Lにつき0.01mg以下 土壌1kgにつき150mg以下
六価クロム化合物 検液1Lにつき0.05mg以下 土壌1kgにつき250mg以下
シアン化合物 検液中に検出されないこと 土壌1kgにつき遊離シアン50mg以下
水銀及びその化合物 検液1Lにつき0.0005mg以下 土壌1kgにつき15mg以下
アルキル水銀 検液中に検出されないこと -
セレン及びその化合物 検液1Lにつき0.01mg以下 土壌1kgにつき150mg以下
鉛及びその化合物 検液1Lにつき0.01mg以下 土壌1kgにつき150mg以下
砒素及びその化合物 検液1Lにつき0.01mg以下 土壌1kgにつき150mg以下
ふっ素及びその化合物 検液1Lにつき0.8mg以下 土壌1kgにつき4000mg以下
ほう素及びその化合物 検液1Lにつき1mg以下 土壌1kgにつき4000mg以下
農薬等(第3種特定有害物質)
 項目 溶出量基準(指定基準) 含有量基準(指定基準)
シマジン 検液1Lにつき0.003mg以下 -
チウラム 検液1Lにつき0.006mg以下 -
チオベンカルブ 検液1Lにつき0.02mg以下 -
PCB 検液中に検出されないこと -
有機りん化合物 検液中に検出されないこと -

お問い合わせ先

環境政策課 環境保全係

  • 電話:027-898-6294
  • ファクス:027-223-8524

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)