スクリーンリーダー用ショートカット

 

前橋カトリック教会アンジェラスの鐘

最終更新日:2015年8月4日(火)ページID:002185印刷する

前橋カトリック教会アンジェラスの鐘について掲載しています。

音風景の場所

大手町
前橋カトリック教会

聞くことができる時期

日曜日
(ミサの始まりと終わり)
結婚式の入場時など

交通

路線バス
前橋駅より県庁前経由バスで約10分
農林中金前下車

アンジェラスの鐘(音声形式(WAV):38KB)

前橋カトリック教会は県内初のカトリック教会で、聖堂は尖塔アーチ、ステンドグラスを使った大きな窓、鋭い尖塔などをもったゴシック様式の建物です。竣工は、昭和7年11月。鉄筋コンクリート造、3階建。聖堂に向かって右側の尖塔に「アンジェラスの鐘」があります。
この鐘は、進駐米軍将士とその家族の信者によって昭和28年10月に寄贈されました。堂内のペンダントライトは建設当時フランスから送られたものです。またステンドグラスはアメリカ製のオパールーセントグラスです。
聖堂は昭和20年8月5日の前橋空襲をくぐり抜けてきた歴史的建造物でもあり、平成13年9月に文化庁より国登録有形文化財として認定されました。
アンジェラスの鐘は、毎週日曜日、午前のミサの始めと終わり、結婚式等でその音色を聞くことができます。

紹介者の声
「アンジェラス」は「天使」を意味します。前橋カトリック教会では、日曜日のミサの始まりと終わり、結婚式の入場の時などに鳴らします。時を告げる鐘の音は、古くヨーロッパでは祈りの時間(朝の祈り、夕の祈り)などを告げる音で時計の役目も果たし人々の生活に密着したものでした。時を告げるのが鐘なんて現代では何とも味わい深いもので、是非前橋の人々の生活にもっともっと密接に結びついて親しまれて欲しいと思います。

前橋カトリック教会 前橋カトリック教会 アンジェラスの鐘

前橋カトリック教会 アンジェラスの鐘

お問い合わせ先

環境政策課 

  • 電話:027-898-6292
  • ファクス:027-223-8524

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)