スクリーンリーダー用ショートカット

 

まえばしの音風景~片貝神社太々神楽

最終更新日:2017年1月16日(月)ページID:014483印刷する

まえばし音風景~片貝神社太々神楽の音風景について掲載しています。

※片貝神社や祭事については文化財保護課(027-280-6511)にお問い合わせください。

音風景の場所

東片貝町 片貝神社

聞くことができる時期

毎年1月13日、4月第2日曜日

片貝神社太々神楽 天の岩戸の舞(音声形式(WAV):18KB)
片貝神社太々神楽 猿田彦大神の舞(音声形式(WAV):35KB)
片貝神社太々神楽 種蒔の舞(音声形式(WAV):774KB)

片貝神社の太々神楽は祭礼日である1月13日と4月第2日曜日に五穀豊穣・疫病退散を祈願する一要素として行われます。その際「伊佐奈岐・伊佐奈美命(いざなぎ・いざなみのみこと)の舞」「天(あま)の岩戸の舞」「種蒔(たねまき)の舞」「釣場の舞」「大蛇の舞」の五座は必ず舞うものとされています。
昔は、この神楽を舞うことのできるものは片貝に生まれた長男だけであり、5年間は舞子連から抜けないきまりになっていました。現在はこのしきたりはなくなり、同好の士により神楽を後世に伝承するための努力が続けられています。昭和48年に前橋市指定重要無形文化財に指定されております。

紹介者の声
江戸時代の中期頃から伊勢参宮が庶民の間に流行し、村ごとに代参者がお伊勢参りに出かけました。これを「伊勢講」とか「代々講」と言っていました。このために、「伊勢神楽」が村々に普及し、これを「代々神楽」と呼ぶようになったと言われています。

001002

※片貝神社や祭事については文化財保護課(027-280-6511)にお問い合わせください。

お問い合わせ先

環境政策課 環境保全係

  • 電話:027-898-6294
  • ファクス:027-223-8524

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)