スクリーンリーダー用ショートカット

 

旧消防庁舎のところにあった鐘楼

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:002194印刷する

旧消防庁舎のところにあった鐘楼について掲載しています。

音の聞こえた場所

本町近辺

聞くことができた時期

昭和18年頃まで
この鐘楼は曲輪町、現在の本町一丁目の旧消防庁舎跡地のところにありました。前橋城内の一角、大手門に近いところに位置し、江戸時代初期から、城下に時を知らせる鐘として朝晩鳴らされていたようです。明治16年の大火で鐘楼が焼失しましたが、翌明治17年に写真の鐘楼が再建されました。第2次世界大戦中の昭和18年に鐘は供出され、右の写真のスピーカーが設置されたと思われます。昭和34年、消防庁舎建設の際に取り壊されました。

鐘楼の鐘 鐘楼の鐘

お問い合わせ先

環境政策課 

  • 電話:027-898-6292
  • ファクス:027-223-8524

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)