スクリーンリーダー用ショートカット

 

住宅用火災警報器、家具転倒防止器具の出張取付けについて

最終更新日:2017年1月12日(木)ページID:016546印刷する

熊本地震では、最大震度7の大地震に見舞われ、多くの死者、負傷者が発生いたしました。
群馬県内にも地震が発生する恐れのある断層があり、本市内でも最大震度6強が想定されています。

阪神・淡路大震災では、けがをした2人に1人が、家具類の転倒、落下が原因と言われており、
ご自宅等の家具転倒防止対策も大切な防災対策になります。
本市では、高齢者や障害者等で自ら住宅用火災警報器、家具転倒防止器具を設置できない世帯を対象に、
器具の出張取付け事業を実施します。先着100世帯となりますので、希望する方はお早めに申請願います。

1 対象世帯

 以下の者のみで構成する世帯が対象となります。
  (1)65歳以上の高齢者
  (2)身体障害者手帳を有する者のうち、障害の程度が1級及び2級の者
  (3)療育手帳を有する者のうち、障害の程度がAの者
  (4)精神障害者保健福祉手帳を有する者のうち、障害の程度が1級の者

2 事業の概要、流れ

   1の対象世帯のうち、申請をいただいた世帯に対して、NPO法人群馬県建築工事連絡協議会と
   協働により住宅用火災警報器、家具転倒防止器具を出張により取付けいたします。
 
  (取付けまでの流れ)
   (1)設置を希望する方は申請書を提出してください。  
   (2)市で対象世帯であることを確認の上、NPO法人に取り付け場所への出張を依頼いたします。
   (3)NPO法人が申請者宅へ希望する器具を持って、取付けに伺います。
      ※ご自宅に伺うNPO法人は、必ず市が発行した事業者証を提示いたしますので、身に覚えのない業者等の訪問
       等にご注意下さい。
   (4)取付け後、NPO法人に器具代をお支払い下さい(設置費等のご負担はありません)。
          
      器具代  住宅用火災警報器  2,000円(1箇所)
           家具転倒防止器具  2,800円(1組)  

            ※申請者は、器具代をご負担いただくだけで、住宅用火災警報器、家具転倒防止器具を設置できますので、
     自ら設置が難しい方は、この機会にご自宅の安全対策のために、本事業をご活用ください。

    ※先着100世帯となりますので、お早めに申請下さい。

 3 申請方法

   
   申請書は、本ページでダウンロードのほか、市役所3階危機管理室、各支所・市民サービスセンターで配布します。
   ○提出方法
   (1)直接持参の場合
     ・市役所3階危機管理室 
     ・各支所、市民サービスセンター
   (2)郵送の場合
     〒371-8601
     前橋市大手町二丁目12番1号
     前橋市役所 危機管理室 危機管理係 あて
      
   様式第1号申請書(PDF形式:254KB) 
   ※印鑑をご持参願います。

 4 お問い合わせ先

   危機管理室(家具転倒防止器具) 027-898-5935
   消防局予防課(住宅用火災警報器)027-220-4507

  

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

危機管理室 

  • 電話:027-898-5935
  • ファクス:027-221-2813

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)