スクリーンリーダー用ショートカット

 

温水式浴室乾燥暖房機のリコールについて

最終更新日:2018年4月5日(木)ページID:019163印刷する

温水式浴室乾燥暖房機のリコールについて

リンナイ株式会社から温水式浴室乾燥暖房機のリコール社告が実施されています  

事故の概要

 平成26年1月から平成29年8月にかけて製品起因が疑われる事故または、製品起因か否かが特定できない事故が3件発生しています
 

No. 発生日 製品名 機種・型式 事故内容 発生都道府県

備考

1

平成26年1月4日

温水式浴室乾燥暖房機(都市ガス用) RBH-C331K2SN(A)

異臭がしたため確認すると、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生していた

調査の結果、当該製品の送風モーター内部基板に焼損が認められることから、送風モーターから出火した可能性が考えられるが、電源線のはんだ付け部等が消失して確認できないことから、製品起因か否かを含め事故原因の特定には至らなかった

静岡県

平成26年1月31日にガス器機・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故として公表していたもの

調査結果をもって、平成26年5月30日に経済産業省ウェブページ(製品安全ガイド)にて、製品起因か否かを含め、事故原因の特定に至らなかった事故として公表

平成30年2月28日からリコールを実施

2

平成28年6月23日

温水式浴室換気乾燥暖房機 RBH-C331K2SN(A) (東邦ガス株式会社ブランド:型式HBD-3301ACSK-J2(B))

当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した

調査の結果、当該製品は、送風モーターの内部基板のビーズコアはんだ付け部に異常があったため、はんだクラックによるスパーク、異常発熱が生じ、出火に至ったものと推定される

愛知県

平成28年7月8日にガス器機・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として公表していたもの

調査結果をもって、平成29年2月28日に経済産業省ウェブページ(製品安全ガイド)にて、製品起因の事故として公表

平成30年2月28日からリコールを実施

3

平成29年8月31日

温水式浴室換気乾燥暖房機 調査中

当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した

当該製品から出火したのか、他の要因かも含め、現在調査中

東京都

平成29年9月15日にガス器機・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として公表していたもの

平成30年2月28日からリコールを実施

 

メーカーの対応

 平成30年2月28日プレスリリースを実施、3月1日付け主要新聞紙朝刊に告知広告を掲載、フリーダイヤルの設置、ホームページ上への掲載にて使用者の方へ呼びかけを実施しています
 また、設置先が特定されている使用者の方にはダイレクトメールやポスティングにて呼びかけし、点検および水等が侵入しない部品に交換する作業を実施しています
  

 詳しいメーカー社告についてはこちらです

お問い合わせ先

予防課 

  • 電話:027-220-4507
  • ファクス:027-220-4527

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町四丁目22-2(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)