スクリーンリーダー用ショートカット

 

ガソリンの取扱いには十分ご注意を!!

最終更新日:2016年3月17日(木)ページID:011515印刷する

                                             〔前橋市消防局〕

 日常生活でも使用している危険物のうち、特にガソリンは取扱いを誤ると出火等事故の危険性が高いものです。ガソリンを取扱う前に危険性を再認識し、十分注意する必要があります。

1 ガソリンの危険性について 

 ガソリンは気温がー40度でも気化して、小さな火源でも引火し爆発的に燃焼拡大していく危険性があります。
(特に気温の上昇とともに気化が著しくなります。)

2 ガソリン容器について

ガソリンだめ
ガソリンをポリ容器に
入れてはダメ!!

 ガソリンを入れる容器は、消防法令により一定の強度のある材質を
使用することとされています。
(「試験確認済証」の貼付されている金属製容器が適しています。)

3 ガソリン取扱い上の留意事項

ガソリン携行缶

(1)ガソリンを取り扱う時は、周りに火気がないことを確認する。
  (人体に帯電している静電気にも注意)
(2)容器のエア調整ネジを緩め、容器内の圧力を下げること。
(3)容器の給油口から直接器具へ注油するのではなく、ノズルを付けて使用する。
(4)もしもの時のために消火器等を用意しておく。

 

〔危険物保安技術協会〕 

「ガソリン携行缶の正しい使い方」に関するポスターもご覧ください。
www.khk-syoubou.or.jp/pdf/info/gasorin_25_12_10_p.pdf

お問い合わせ先

予防課 危険物係

  • 電話:027-220-4509
  • ファクス:027-220-4527

前橋市朝日町四丁目22-2(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)