スクリーンリーダー用ショートカット

 

<介護保険のあらまし10> 40歳から64歳の介護保険料

最終更新日:2016年8月12日(金)ページID:001985印刷する

介護保険料は、40歳から64歳までの人と65歳以上の人で、算定方法や納め方が異なります。

保険料の額と納め方

加入している医療保険の算定方法にしたがって保険料が設定され、医療保険の保険料と一緒に納めます。

職場の医療保険等に加入している方

算定方法
原則として給料の額によって保険料の額が決まります。また、保険料のおおむね半分は事業主などが負担します。

納め方

原則として給料から天引きされます。なお、扶養されている40歳から64歳までの人の分は、医療保険の被保険者と事業主などで負担します。

国民健康保険に加入している方

算定方法
国民健康保険税と同じく、世帯の所得などによって決まります。また、保険料のおおむね半分は公費で負担します。

納め方

世帯主が40歳から64歳までの人全員の分もあわせて、国民健康保険税と一緒に納めます。

詳しいことについては、加入している医療保険者にお問い合わせください。

お問い合わせ先

介護高齢課 介護保険室 保険料係

  • 電話:027-898-6159
  • ファクス:027-243-4027

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)