スクリーンリーダー用ショートカット

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

最終更新日:2016年12月28日(水)ページID:014739印刷する

ふるさと納税ワンストップ特例とは

 確定申告や住民税申告を行わない給与所得者や年金所得者などが寄附をした場合に、税務申告手続を簡素化する特例制度です。
 寄附をされる際にワンストップ特例の申請をされると、市区町村間にて通知を行い、翌年度の住民税で申告特例控除額(所得税・住民税の寄附金控除・寄附金税額控除相当額)が適用されます。

ふるさと納税ワンストップ特例の申請方法について  

1 ふるさと納税ワンストップ特例の対象者 

次の(1)及び(2)両方の条件を満たす方が対象者となります。
(1)給与所得のみの方など確定申告を行う必要がない方など、所得税や住民税の申告を行う必要がない方
※確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも医療費控除などの各種控除や株式などの所得を申告する必要のある方は対象外となります。
(2)ふるさと納税を行う年の寄附先地方団体数が5以下であると見込まれる方
  (寄附を行う自治体が前橋市を含め5か所以内であること)

2 申請方法

(1)寄附金税額控除に係る申告特例申請書(以下「申請書」という。)の提出
 前橋市は寄附金の受領確認後に寄附者あてに申請書を送付します。
 ふるさと納税ワンストップ特例を希望する寄附者は寄附した翌年の1月10日までに申請書に必要事項を記入し、押印の上、下記の提出先まで返信してください。

(2)提出済みの申請書の内容に変更があった場合
申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合は、申告特例申請事項変更届出書(以下「変更届出書」という。)を寄附した翌年の1月10日までに、下記の宛先に提出してください。

(3)申請書中に個人番号(マイナンバー)の記入が必要になります。
また、提出する際には以下のパターン1又はパターン2のいずれかの本人確認書類を添付していただく必要がありますので、同時に送付ください。

  •  パターン1
    (1)個人番号カード(裏面)のコピー
    (2)個人番号カード(表面)のコピー 
     
  • パターン2
    (1)通知カードのコピー
    (2)運転免許証、パスポート、公的医療保険の被保険者証、年金手帳のいずれか1つのコピー 
     

3 申請書、変更届出書の送付先・問合せ先 

371-8601
群馬県前橋市大手町2丁目12番1号
前橋市役所政策推進課調整係 ふるさと納税担当宛
電話番号 027-898-6003 

ご注意いただきたいこと

  • ワンストップ特例の申請をされた方が、 確定申告や住民税申告を行った場合(医療費控除等による場合も含む。)や、 5か所を超える市町村に申請を行った場合は、ワンストップ特例の申請は無効となり、申告特例控除額は適用されません。
  • ワンストップ特例の申請をされた方が、 医療費控除等の控除の追加や所得の申告などにより、確定申告や住民税申告をしなければならなくなった場合は、 寄附金の申告もお忘れなきようご注意ください。
  •  ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの還付は発生せず、住民税からの控除で税の軽減が行われます(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税が軽減されます。)。
     

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

政策推進課ふるさと納税担当

  • 電話:027-898-6003
  • ファクス:027-224-3003

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)