スクリーンリーダー用ショートカット

 

社会保険加入者の方の医療費が高額になるときには

最終更新日:2017年2月3日(金)ページID:017542印刷する

※社会保険の加入者とは、前橋市国保、後期高齢者医療以外の健康保険に加入している福祉医療費受給資格者です。

「限度額適用認定証」を医療機関等の窓口へ提示して受診してください。

「限度額適用認定証」とは

 ご加入の健康保険から発行される証です。
 「限度額適用認定証」を医療機関等の窓口へ提示した場合
  →医療費の自己負担はありません。
 「限度額適用認定証」が提示できなかった場合
  →いったん自己負担が発生する場合があります。

 医療費を自己負担した場合は、下記のとおり申請をしてください。

 1.加入している健康保険へ「高額療養費」の申請
 2.健康保険から給付がない、または一部のみ給付があった場合は、福祉医療へ申請
 福祉医療への申請については、こちらをご覧ください。 福祉医療費の支給申請について

 ※「限度額適用認定証」、「高額療養費」の申請方法については、ご加入の健康保険にお問い合わせください。

医療費を返還していただくことがあります。

 医療費が高額になると、加入している健康保険から「高額療養費」や「附加給付金」が支給される場合があります。福祉医療費はその支給額を差し引いた額までを負担します。福祉医療の過払いが発生している場合は、医療費を返還していただきます。
 加入している健康保険から医療費の給付があった場合は、福祉医療へ返還の届出等が必要となりますので、お申し出ください。

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

国民健康保険課  医療給付係

  • 電話:027-898-6253
  • ファクス:027-243-9243

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)