スクリーンリーダー用ショートカット

 

保育料の多子軽減制度について

最終更新日:2017年6月30日(金)ページID:016769印刷する

 保育料の算定について、国の制度改正により、年収約360万円未満相当の世帯を対象に保育料の軽減が拡充されました。


 これにより、本市ではB階層(世帯合計の市区町村民税額が非課税)世帯については、第2子以降の保育料が無料となります。また、年収約360万円未満相当のひとり親世帯等の保育料については、第1子は非課税世帯の第1子並みの額、第2子以降は無料となります。さらに、1号(教育)認定子どもの保育料が軽減されます。

 なお、「年収約360万円以上の世帯 」につきましては、多子軽減制度に変更はありません。

※保育料表はこちらからご覧ください。

 

 年収約360万円未満相当の世帯に対する保育料の多子軽減制度

 

「B階層(世帯合計の市区町村民税額が非課税)世帯 」

下記の通り、第2子以降の保育料が無料となります。

平成29年3月まで 平成29年4月から

認定こども園

(教育標準時間認定 1号)

第1子 3,000円  

第2子 1,200円

第3子以降 0円

第1子 3,000円  

第2子以降 0円

保育所(園)・認定こども園

(保育認定 2・3号)

第1子 1,800円  

第2子  700円

第3子以降 0円

第1子 1,800円

第2子以降 0円

「年収約360万円未満相当のひとり親世帯等」

「ひとり親世帯」及び「障害者扶養世帯」は、下記のとおり保育料の軽減があります。

   

階層区分

平成29年3月まで

 平成29年4月から

認定こども園

(教育標準時間認定 1号)

B階層

無料

無料

C階層

第1子 同階層保育料から1,000円を減じた額の約40%

第2子以降 0円

第1子 3,000円

第2子以降 0円 

保育所(園)・認定こども園

(保育認定 2・3号)

B階層

無料

無料
C階層

第1子 同階層保育料から1,000円を減じた額の約40%

第2子以降 0円 

第1子 1,800円

第2子以降 0円 

D階層
(所得割額 77,101円未満)

第1子 同階層保育料の( )内の額

第2子以降 0円

第1子 1,800円

第2子以降 0円

「C階層(世帯合計の市区町村民税所得割額が77,100円以下)世帯」 ※1号(教育)認定子ども

1号(教育)認定子どものみが対象です。
下記の通り、保育料が軽減されます。

平成29年3月まで 平成29年4月から

Cの第1階層

(世帯合計の市区町村民税所得割額が52,800円以下)

第1子 9,700円

第2子以降 3,800円

第1子 7,700円

第2子以降 2,800円

Cの第2階層

(世帯合計の市区町村民税所得割額が52,801円以上77,100円以下)

第1子 11,100円

第2子以降 4,400円

第1子 9,100円

第2子以降 3,400円

 

年収約360万円以上世帯の多子軽減制度

認定こども園

(教育標準時間認定 1号)

3歳(本人より年上)~小学校3年生までの同一世帯の兄姉が、小学校や保育関係施設に入学・入園している人数によって軽減。
【小学校3年生以下】でカウント

  1人目      全額 

  2人目      約4割相当 

  3人目以降    無料

保育所(園)・認定こども園

(保育認定 2・3号)

0~6歳(小学校就学前)までの同一世帯の兄姉が、保育関係施設に入園している人数によって軽減。

【小学校就学前まで】でカウント

  1人目      全額 

  2人目      約4割相当 

  3人目以降    無料

※保育料表はこちらからご覧ください。

 

お問い合わせ先

子育て施設課 

  • 電話:027-220-5705
  • ファクス:027-243-6474

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)