スクリーンリーダー用ショートカット

 

萩原朔太郎記念館 概要

最終更新日:2016年9月1日(木)ページID:003151印刷する

「萩原朔太郎記念館」について

萩原朔太郎記念館

前橋市北曲輪町69番地にあった生家のうち、土蔵は昭和49年7月30日に現在地に移築し展示施設として昭和50年4月1日に一般公開した。書斎は昭和53年11月30日に、離れ座敷は昭和54年12月20日にそれぞれ現在地敷島公園ばら園内に移築し、昭和55年5月11日、記念館として一般に公開している。

閉館のお知らせ 

萩原朔太郎記念館は移築工事のため、平成28年9月26日(月)から閉館いたします。 
なお、平成29年3月に下記の移築先において一般公開する予定です。 
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 移築先

土蔵

離れ座敷から庭を望む左手にあって、全体の敷地からすると南東のすみに位置していた。このため、表通りからはっきりと見えた。

書斎

生家の裏庭にあったもので、元来は味噌蔵として使われていたものであるが、大正2年秋に工事をはじめ約3か月を要して書斎に改造したものである。インテリアは西洋建築風に統一され、装飾や家具類の様式は、当時の前橋としては極めて先端的なものであった。これは朔太郎自身の考案によって整えられたものである。

離れ座敷

母屋と接続する渡り廊下で結ばれた純和室で、8畳の部屋と床の間を配し、円窓のある部分には違い棚がある。母屋からの渡り廊下に近いところには水屋があって、全体が萩原家の客室としての感じになっている。この部屋からは築山をあしらった立派な庭園が眺められ、池が造られていた。この池は、「萩原朔太郎記念館」の整備に伴って、離れ座敷の移築とともに当時のままに復元されている。

生家跡

萩原朔太郡の生家は、前橋市北曲輪町(きたくるわちょう)69番地(現・千代田町二丁目1番17号)にあった。父密蔵は名医として信望篤く、一時期は患者に整理札を出すほどであったという。

萩原朔太郎(1886年から1942年)

萩原朔太郎
詩碑
詩碑

明治19年、千代田町の医師の家に生まれました。北原白秋に師事し、26歳のときに「夜汽車」他5編の詩で中央詩壇にデビュー。大正6年の処女詩集「月に吠える」で、一躍全国に名を知らしめ、その後も「青猫」「純情小曲集」「氷島」など次々に発表。日本近代詩に不滅の金字塔をうちたてました。敷島公園内に記念館があり、詩碑も市内各所に6基建てられています。

お問い合わせ

問い合わせは前橋文学館へお願いします。
電話番号
027-235-8011
ファクス
027-235-8512

お問い合わせ先

文化国際課 

  • 電話:027-898-6522
  • ファクス:027-224-1188

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)