スクリーンリーダー用ショートカット

 

前橋文学館「展示設備」

最終更新日:2017年6月13日(火)ページID:003286印刷する

前橋文学館の様々な設備について掲載しています。
 

1階

画像「1階見取り図」
1階は、文学館へのプロローグです。映像をとおして詩のまち前橋の風土や文化、ゆかりの詩人たちを紹介する「映像展示室」、ゆったりとしたひとときを過ごせるカフェ、展示図録や書籍、各種グッズをそろえた「文学館ショップ」などがあります。

ミュージアムショップ

文学館ショップ(1F)

 企画展示や常設展示の図録や、各種オリジナルグッズをそろえています。ぜひお立ち寄りください。

 

2階

画像「2階見取り図」
2階は、展示スペースです。「朔太郎展示室」では、日本近代詩の巨星・萩原朔太郎が残した自筆原稿やノート、著作、遺品などを展示し、朔太郎の全体像に迫ることができます。そして、「企画展示室」では特色あるさまざまな展示を行います。

朔太郎展示室および企画展示室

画像「朔太郎展示室」 画像「企画展示室」 朔太郎展示室では、朔太郎に関する様々な遺品や作品群などを展示。また企画展示室でも、オリジナルな企画で多種多様な展示を行っています。


 

3階

画像「3階見取り図」
3階は、総合芸術スペースです。コンサートや映画上映、講演会など、文学の枠を超える文化事業の場となる「ホール」、企画展のほか、市民主催の写真展や絵画展などにも開放する「オープンギャラリー」で、より開かれた文学館を目指しています。

オープンギャラリー

写真「オープンギャラリー」 広く市民の利用にも開放されている展示室です。
 

ホール

写真「3階ホール」 130人を収容可能(座席100・立見30)。コンサートや朗読会、講演などにも利用されています。

 

4階

画像「4階見取り図」

4階は、知の探究スペースです。ここでは、文学との関わりをさらに深める調査・研究活動をバックアップします。朔太郎を中心に、文学館所蔵の資料を利用できる「資料閲覧室」、講座・研究会・会議などに適した「研修室」、このほか「情報処理室」も備えています。

資料閲覧室

資料閲覧室(4F)

 朔太郎をはじめ郷土詩人の関係資料を中心に約6,400点を配架。貴重な資料を直接手にとって閲覧できます。

研修室

写真「研修室」 30人程度まで収容可能で、研究会、講習会、講座、会議など文化的利用に適します。

お問い合わせ先

文化国際課 水と緑と詩のまち前橋文学館

  • 電話:027-235-8011
  • ファクス:027-235-8512

前橋市千代田町3-12-10(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)