スクリーンリーダー用ショートカット

 

朝倉・広瀬の文化財を訪ねて

最終更新日:2017年3月14日(火)ページID:003163印刷する

「朝倉・広瀬の文化財めぐり」の一部を掲載しています。詳細は下のパンフレットをご覧下さい。

 利根川と広瀬川にはさまれた朝倉・広瀬地区は、かつて200近い古墳が造られ、県内屈指の古墳群を形成していました。こうした古墳を中心として、朝倉・広瀬地区には次のような文化財等があります。

(天川)二子山古墳(国指定史跡)

(天川)二子山古墳
(天川)二子山古墳

文京町三丁目26

 前橋市街地の南東、文京町から朝倉町にかけて、かつて大小の古墳が集中的に存在していました。(朝倉古墳群) (天川)二子山古墳(あまがわ・ふたごやまこふん)は、その古墳群中の代表的なものです。
 全長104mの前方後円墳で、横穴式石室と考えられています。全長にくらべて後円部の径や前方部の幅が比較的大きく、くびれの少ないずんぐりとした形をしています。二段に築かれた墳丘の表面には、葺石(ふきいし。注1)とみられる川原石が多く認められました。また、周堀の痕跡も残されていました。6世紀後半の築造と推定されています。

○全長104m、前方部(幅76m、高さ9.5m)、後円部(径72m、高11m) 
○6世紀後半

(注1)葺石:古墳の墳丘斜面などに、貼り付けるように葺いた石

八幡山古墳(国指定史跡)

八幡山古墳
八幡山古墳

朝倉町四丁目9-3

 八幡山古墳(はちまんやまこふん)は、四角形に台形を接合したような形の、全国的に数少ない前方後方墳です。全長130mで周堀があり、周堀を含めると範囲は南北180m、東西125mに及びます。
 縦穴式石室とみられますが、古墳内部は調査されていないので、詳しいことはわかりません。後方部の墳頂部近くに玉石敷きがあり、一部に粘土の詰めてある部分も認められたとのことです。4世紀中頃の築造と推定されてます。

○全長130m、前方部(幅59m、高8m)、後方部(幅72m、高12m) 
○4世紀後半

前橋天神山古墳(県指定史跡)

三角縁神獣鏡
三角縁神獣鏡

広瀬町一丁目27-7

 前橋天神山古墳(まえばしてんじんやまこふん)は、もとは全長129mの大前方後円墳でしたが、現在は、後円部の中心部分だけを残しています。
 後円部の表面は三段に構築されており、石敷きの頂上部には土器等が配列されていました。また、周堀や葺石の跡も確認されました。
 埋葬施設は、後円部石敷下の墓壙(ぼこう。注1)の底部をさらに掘り込んで造られた粘土槨(ねんどかく。注1)で、長さ7.8m、幅1.2m前後の巨大な割竹形木棺(注2)を覆ったものと判明しています。
 発掘調査により、三角縁神獣鏡をはじめ、銅鏡、銅鏃(どうぞく。注3)、剣、大刀、斧、玉など15種165点の副葬品が発見されました。出土品は国の重要文化財に指定されています。
 東国で最も古い古墳のグループの一つと考えられ、4世紀中頃の築造と推定されています。

○全長129m、前方部(幅68m、高さ7m)、後円部(径75m、高さ9m) 
○4世紀後半

(注1)壙、槨 :棺を置くところを槨という。槨は壙の中に造られる。
(注2)割竹形石棺:丸太を縦に二つに割って身と蓋とし、中を刳り抜いて円筒形の棺としたもの。
(注3)鏃:矢の先端につけて、目標に突刺さるようにしたもの。  

金冠塚古墳(市指定史跡)

山王町一丁目13-3

 金冠塚古墳(きんかんづかこふん)は、二段の墳丘を持つ前方後円墳で、周に堀跡もありました。
 石室は横穴式石室で後円部の南西方向に開口し、角閃石安山岩(かくせんせきあんざんがん)を五面に削った石を用いています。玄室(注1)は、長さ3.6m、幅2.6mで、河原石を使った馬蹄型(ばていけい)の裏込め(注2)で包み込まれています。
 石室から出土した金銅製冠(こんどうせいかんむり)は、新羅(韓国慶州)の古墳から出土した冠に類似しており、6世紀後半には、すでにこの地に大陸文化が深く浸透していたことがうかがえます。冠は、東京国立博物館に収蔵されています。

○全長52m、前方部(幅42m、高さ3m)、後円部(径32m、高さ4m) 
○6世紀後半

(注1)玄室:横穴式石室などの、死者を埋葬する墓室
(注2)裏込め:構造物などの背面や裏側の空間などを埋め戻すこと。または、その材。

不二山古墳(市指定史跡)

文京町三丁目151-6

 不二山古墳(ふじやまこふん)は、朝倉古墳群の北端に位置する前方後円墳で、墳丘の北および西側の一部は削られていますが、かろうじて原型を保っています。
 後円部南側には、かつて横穴式石室が開口していましたが、現在は閉じています。
 石室は両袖型で、五面削りの角閃石安山岩(かくせんせきあんざんがん)を用いて、互目積みに構築されています。副葬品は既に盗掘されていたため、その全貌は明らかではありませんが、冠をはじめ直刀、槍、耳環などがありました。

○全長54.5m、前方部(幅35m、高さ6m)、後円部(径31.5m、高さ7m)
○6世紀末

亀塚山古墳(市指定史跡)

山王町一丁目28-3

 亀塚山古墳(かめづかやまこふん)は、前方後円墳の中でも古い形の帆立貝式古墳です。帆立貝式古墳とは、円墳状の主部に低く細長い方形の壇状部を取り付けたもので、形が帆立貝(ほたてがい)に似ています。しかし、この古墳は「亀」の形を思わせるので、古くから亀塚と呼ばれてきました。
 埴輪などから6世紀前半の築造と推定されています。

○全長60m、後円部径40m、高さ6.5m
○6世紀前半

文政四年天川原村分間絵図(市重文)

天河原村分間絵図
天河原村分間絵図

文京町三丁目27-26(県立文書館)

この絵図には、東道、広瀬川、端気川、寺の境内地をはじめ、田畑は上、中、下、下下に色分けされ一筆ごとに面積、所有者が記されています。

下長磯あやつり式三番附人形3個(県無民文)

下長磯あやつり式三番叟附人形3個
下長磯あやつり式三番叟附人形3個

下長磯町281 稲荷神社

人形によって演じられる式三番叟は全国でも珍しく、毎年4月15日、下長磯町の稲荷神社拝殿で奉納されます。式三番叟は二人遣いの人形によって演じられます。しめを張ったひつに人形を入れおねりをすることや式三番叟を舞ったあとの面箱くぐりなどの行事は神事芸能としての特色を表しています。昭和45年に国の重要選択民族芸能として指定を受けています。

朝倉・広瀬の文化財めぐり(パンフレット)(PDF形式:2,361KB)

地図

大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

文化財保護課 

  • 電話:027-280-6511
  • ファクス:027-251-1700

〒371-0853 前橋市総社町3-11-4(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)