スクリーンリーダー用ショートカット

 

水道水質Q&A その他(布類の着色)

最終更新日:2011年10月5日(水)ページID:003612印刷する

その他(布類の着色)について、記載しています。

Q.タオルやふきんが薄いピンク色になる。

A.原因

空気中の雑菌がタオルやふきんに繁殖し、薄いピンク色を帯びたものと思われます。
雑菌は、湿気のあるところを好んで繁殖するため、湿った状態でタオル等が長い時間放置されていると、この間に雑菌が繁殖し、汚れているほどより繁殖しやすくなります。雑菌の種類によっては、違う色を帯びることもあります。

対応

湿ったタオルやふきん類は、そのままの状態で長時間放置せず、出来るだけ早く洗ったり、洗濯するとともに、洗濯後は、直ぐに干すようにします。
洗剤や柔軟剤の量が多すぎても、余分な洗剤がタオル類に残ってしまい、これを養分として雑菌が繁殖するため、規定量を守るようにします。

Q.洗濯後、タオル等の布類が黒くなる。

A1.原因

給水管(本管から蛇口までの管)または配水管(本管)内に蓄積した黒色の二酸化マンガンが原因と考えられます。
この二酸化マンガンが水の流動変化等で剥離して黒色の水となり、洗濯物を黒く着色させてしまいます。

対応

この現象が一時的な場合は給水管に起因します。水道水が透明になるまで捨水し、その後の水をご使用ください。長時間にわたる場合は、現地確認が必要になりますので、浄水課までご連絡ください。

参考

マンガンは人体にとって必須元素であります。成人の1日の必要量は概ね4ミリグラムとされています。
マンガンの毒性は低く、また人体への吸収も低いため、健康障害については、極めて多量に摂取したときを除き問題ありません。
水質基準は、0.05ミリグラム/L以下に設定されていますが、これは黒水障害の発生防止の観点から定められています。

(参考資料)

A2.原因

空気中の雑菌がタオルやふきんに繁殖し、黒色を帯びたものと思われます。
雑菌は、湿気のあるところを好んで繁殖するため、湿った状態でタオル等が長い時間、放置されていると、この間に雑菌が繁殖し、汚れているほどより繁殖しやすくなります。雑菌の種類によっては、違う色を帯びることもあります。

対応

湿ったタオルやふきん類は、そのままの状態で長時間放置せず、出来るだけ早く洗ったり、洗濯するとともに、洗濯後は、直ぐ干すようにしてください。
洗剤や柔軟剤の量が多すぎても、余分な洗剤がタオル類に残ってしまい、これを養分として雑菌が繁殖するため、規定量を守るようにします。

A3.原因

洗濯機の排水が何らかの原因により、槽内に逆流している可能性があります。

対応

この場合、現地調査が必要になりますので、浄水課までご連絡下さい。

お問い合わせ先

浄水課 

  • 電話:027-231-3075
  • ファクス:027-234-9525

〒371-0036 群馬県前橋市敷島町216(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)