スクリーンリーダー用ショートカット

 

鉛製給水管取替工事の助成制度を見直します

最終更新日:2016年2月1日(月)ページID:015959印刷する

平成28年度から鉛製給水管の取替工事を行なう場合、工事費用の2分の1(上限10万円)に助成金額を引き上げます。詳細については、下記のとおりです。

概要

4月1日から、鉛製給水管取替工事の助成金額を引き上げします。
鉛製の給水管は加工しやすく、平成2年6月まで使用されてきました。しかし、鉛製給水管は、老朽化などによる漏水の原因になることや、水道を長期間使わなかった場合、わずかに鉛が溶け出す可能性があり、宅地内の給水装置工事を行なう際には取替えをお勧めしています。
給水管は所有者の財産であるため、取替費用は個人負担となりますが、助成制度をご利用ください。

施行期日

平成28年4月1日

改正内容

鉛製給水管取替工事助成制度改正のお知らせ(PDF形式:160KB)

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

水道整備課給水装置係

  • 電話:027-898-3037
  • ファクス:027-235-5726

群馬県前橋市岩神町三丁目13-15(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)