スクリーンリーダー用ショートカット

 

家庭内の水道工事をするときは

最終更新日:2012年6月26日(火)ページID:003578印刷する

家庭内の水道工事をするときは、必ず市指定給水装置工事事業者に工事を依頼してください。

給水装置とは

浄水場から送られた水は、公道に埋設されている配水管を通って各家庭に届きます。
この配水管から分岐して、各家庭まで引き込まれた給水管や、止水栓、蛇口などを総称して「給水装置」といいます。
マンションなどの高層住宅などで受水槽を使用している場合は、受水槽のボールタップ(水を自動に出したり、止めたりする装置)までを「給水装置」と呼んでいます。
給水装置は所有者の財産であるため、管理責任も所有者にあります(ただし、水道メータは水道局の財産)。
そのため、給水装置の工事をするときの費用は、皆さまの負担となります。

水道工事をするときは

各家庭で新たに水道を引いたり(新設工事)、既存の給水装置を修理や改造するときは、必ず市指定給水装置工事事業者に工事を依頼してください。
水道工事を依頼するときは、あらかじめ見積書を作成してもらい、工事金額や工事期間、支払い方法などを明確にしておきましょう。
なお、修理以外の新設工事、改造工事をするときは、水道局に申し込みが必要です。
(注)給水装置工事の申し込み等についてはこちらから

電話番号

027-898-3043(水道整備課 給水装置係)

お問い合わせ先

水道整備課 

  • 電話:027-898-3022
  • ファクス:027-234-5519

〒371-0035 群馬県前橋市岩神町三丁目13-15(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)