スクリーンリーダー用ショートカット

 

水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)

最終更新日:2017年10月10日(火)ページID:003589印刷する

水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)の算出結果を公表します。

水道事業ガイドラインとは

 水道事業ガイドラインは、全国の水道事業者を対象とし、水道事業のサービス内容を共通指標によって数値化する国内規格として、平成17年1月に(社)日本水道協会規格(JWWA Q 100:2005)として制定されました。
 その後、平成28年3月に(社)日本水道協会規格(JWWA Q 100:2016)として改正され、「安全で良質な水」、「安定した水の供給」、「健全な事業経営」の3つの目標を柱として、全部で119項目の業務指標(Performance Indicator)が設定されています。
 この規格の制定により、複雑でわかりにくいとされている水道事業の内容を業務指標により明らかにすることができ、経年的な事業内容の変化の把握や、他の水道事業体との比較が容易になるといわれています。

業務指標(PI)の構成

 水道サービス(事業)の目的は、清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することです。この目的を将来にわたって達成し続ける上での目標として、以下の3つを設定し、業務指標(PI)の構成の柱としています。
1.安全で良質な水(17項目):水道水の安全性をより一層高め、良質な水道水を供給する。
2.安定した水の供給(57項目):いつでもどこでも安定的に水道水を供給する。
3.健全な事業経営(45項目):健全かつ安定的な事業経営を継続する。

算出結果の公表

 業務指標(PI)は、平成24年度から平成28年度の過去5年間について公表しています。
 前橋市水道局では、算出した業務指標(PI)を公表することにより、水道事業の経営状況等について、客観性や透明性を確保するとともに、よりわかりやすい情報をお客様に提供できるものと考えています。

業務指標(PI)の活用

 算出した業務指標は、今後下記のように活用していきます。
1.「前橋市水道ビジョン」における現状分析・目標の設定および事後評価
2.経年的な推移の分析や公表済み類似事業体との比較による課題の抽出・評価
3.経営情報として定期的に公表することによる事業の透明性の向上

関連リンク

厚生労働省医薬・生活衛生局水道課ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

公益社団法人日本水道協会ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

公益財団法人水道技術研究センターホームページ(新しいウィンドウで開きます)

前橋市水道局トップページ

業務指標に関するご意見、お問い合わせ先
前橋市水道局水道整備課計画管理係
電話番号 027-898-3022(直通)
ファクス 027-235-5726
Eメール sui-koumu@city.maebashi.gunma.jp

お問い合わせ先

水道整備課 

  • 電話:027-898-3022
  • ファクス:027-234-5519

〒371-0035 群馬県前橋市岩神町三丁目13-15(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)