スクリーンリーダー用ショートカット

 

新たな住宅セーフティネット制度について

最終更新日:2017年11月7日(火)ページID:018697印刷する

 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(以下「住宅セーフティネット法」といいます。)の改正が平成29年10月25日に施行されたことにより、新たに「住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅」の登録制度が創設されました。

新たな住宅セーフティネット制度の概要

1.住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律
 ・平成29年10月25日施行
 ・住宅確保要配慮者の円滑な入居を図る。

2.住宅確保要配慮者とは
 ・高齢者世帯、障害者世帯、子育て世帯、被災者世帯、低額所得世帯、外国人等
  →賃貸住宅に入居を拒否されやすい世帯

3.住宅確保要配慮者円滑入居事業登録
 ・2の世帯(一部だけでも可)の入居を拒まない賃貸住宅として自治体に登録をする。
 ・登録事務は、都道府県、政令市、中核市で行う。

新たな住宅セーフティネット制度概要(PDF形式:402KB)

群馬県のホームページはこちら

詳しくは下記、建築住宅課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

建築住宅課 建築住宅係

  • 電話:027-898-6833
  • ファクス:027-243-3512

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)