スクリーンリーダー用ショートカット

 

福祉医療、自立支援医療、特定疾患医療等

最終更新日:2017年4月4日(火)ページID:002036印刷する

障害者(児)にかかる医療費の助成制度等について掲載しています

ご覧になりたい事業名をクリックしてください。
重度心身障害者(児)医療費の助成
高齢重度障害者医療費の助成
後期高齢者医療保険
自立支援医療費(更生医療)の支給
自立支援医療費(育成医療)の支給
自立支援医療費(精神通院)の支給
特定医療費(指定難病)の給付
小児慢性特定疾病医療の給付
先天性血液凝固因子障害医療の給付

障害者(児)医療制度
事業内容 お問い合わせ先
重度心身障害者(児)医療費の助成
下記の条件に該当する人の保険診療分の一部負担金を助成します。
  1. 身障手帳1~2級
  2. 国民年金1級 
  3. 療育手帳A又は知能指数35以下の判定者
  4. 特別児童扶養手当1級

必要な物

  1. 身障・療育手帳又は手当証書
  2. 年金証書
  3. 保険証
  4. 手続きに来る方の身分証明書

 (注)詳細はこちら→(国民健康保険課)

国民健康保険課
電話番号
027-898-6253
高齢重度障害者医療費の助成
後期高齢者医療保険加入者で身障手帳1~2級、国民年金1級、療育手帳A又は知能指数35以下に該当する方の保険診療の一部負担金を助成します。 


必要な物

  1. 身障・療育手帳
  2. 保険証
  3. 年金証書
  4. 手続きに来る方の身分証明書

(注)詳細はこちら→(国民健康保険課)

国民健康保険課
電話番号
027-898-6253
後期高齢者医療保険
75歳以上又は65歳以上75歳未満で下記の条件に該当する人で申請により障害による早期後期高齢者として認定された人に、医療の給付が行われます。
  1. 身障手帳1~3級又は4級の一部
  2. 国民年金1~2級
  3. 精神手帳1~2級
  4. 療育手帳A判定者
  5. その他政令で定める程度の障害を有する方

必要な物

  1. 身障・療育手帳
  2. 年金証書
  3. 保険証
  4. 印鑑
  5. 本人の個人番号にのわかるもの
  6. 手続きに来る方の身分証明書

後期高齢者医療保険への任意による早期加入について
上記のうち65歳以上75歳未満で1~5に該当する障害者については、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づく障害認定申請を行って認定された場合には、後期高齢者医療保険に任意で加入することができます。
また75歳未満で障害認定を受け、すでに後期高齢者医療保険に加入していた人が、この保険から離脱する場合には、障害認定の撤回届が必要となります。

 

(注)詳細はこちら→ (国民健康保険課)

国民健康保険課
電話番号
027-898-6253

自立支援医療費(更生医療)の支給
身体障害者手帳に記載されている障害を除去・軽減し、日常生活能力の機能回復を図る医療(角膜手術、関節成形手術、心臓手術など)を指定医療機関で行う場合に受けられます。
市民税額・所得額・年金収入額に応じて自己負担(原則1割)があり。(市民税所得割23万5千円以上の世帯は重度かつ継続の人を除き対象外)
指定医療機関に相談のうえ、必ず手術前(入院前)に申請してください。


必要な物

  1. 身障手帳
  2. 印鑑
  3. 健康保険証
  4. 医師の意見書
  5. 医療費概算額内訳書
  6. 個人番号カードもそくは通知カード+写真付きの身分証明書
  7. 障害年金等の額がわかるもの
    ※転入者等は、税証明書が必要な場合があります。
障害福祉課
電話番号
027-220-5711
027-220-5712
027-220-5713
ファックス
027-223-8856
自立支援医療費(育成医療)の支給
18歳未満の身体に障害があるお子さん、又は現存する疾患を放置すると将来において障害を残すと認められるお子さんのうち、手術等の確実な治療効果を得られる医療を指定自立支援医療機関で行う場合に受けられます。
保護者の市民税額・所得額・年金収入額に応じて自己負担(原則1割)があり。(市民税所得割23万5千円以上の世帯は重度かつ継続の人を除き対象外)
指定医療機関に相談のうえ、必ず治療開始前に申請してください。

必要な物
  1. 健康保険証
  2. 印鑑
  3. 医師の意見書
  4. 個人番号カードもしくは通知カード+写真付きの身分証明書
  5. 障害年金等の額がわかるもの
    ※転入者等は、税証明書が必要な場合があります。
障害福祉課
電話番号
027-220-5711
027-220-5712
027-220-5713
ファックス
027-223-8856

自立支援医療費(精神通院医療)の支給
精神疾患の通院治療を促進し、適正な医療の普及を図ることを目的としています。指定医療機関で通院診療を受ける人を対象とします。

(注)詳細はこちら→ (保健予防課)

保健予防課
電話番号
027-220-5787
ファックス
027-223-8856
特定医療費(指定難病)の給付
国が指定した難病により医療を受けている方で県が承認した医療機関において保険診療を受けた場合、自己負担額の一部又は全額を助成します。
保健予防課
電話番号
027-220-5785
ファックス
027-223-8856

小児慢性特定疾病医療の給付
下記の疾病により医療を受けている20歳未満の人で市が指定した医療機関で保険診療を受けた場合、世帯の生計中心者の課税状況に応じた一月当たりの自己負担限度額を超える部分を助成します。
疾病名
入院・通院・薬代・訪問看護
悪性新生物、慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患(内科的治療のみ)、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血液疾患、血友病等血液疾患、神経・筋疾患、慢性消化器疾患、染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群、皮膚疾患

(注)詳細はこちら→(保健予防課)

保健予防課
電話番号
027-220-5785
ファックス

027-223-8856

先天性血液凝固因子障害医療の給付
血友病などの疾患で医療を受けている人(原則として20歳以上)で県が承認した医療機関で保険診療を受けた場合に自己負担分を助成します。
 

県保健予防課
電話番号
027-223-1111
ファックス
027-223-7950

お問い合わせ先

障害福祉課 

  • 電話:027-220-5713
  • ファクス:027-223-8856

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)