スクリーンリーダー用ショートカット

 

生活保護について

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:001898印刷する

生活保護制度の概要を掲載しています。
 

生活保護全般に関するお問い合わせは
(027)898-6146 保護第一係
(027)898-6148  保護第二係
(027)898-6149  保護第三係
(027)898-5852   保護第四係

生活保護とは

生活に困窮している人に対して健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自分の力で生活できるよう援助する制度です。
能力や資産などを活用し、あらゆる手を尽くしてもなお生活できない場合に、国が定めた最低生活費の基準に従って生活保護費を支給します。

生活保護の種類

生活保護には次の8種類の扶助があり、国の定める基準によって支給されます。

  1. 生活扶助 食べ物、着る物、水道光熱費など日常生活の費用 
  2. 住宅扶助 家賃、地代、住宅補修費などの費用
  3. 教育扶助 小中学校の学用品、教材費、給食費、学級費など義務教育のための費用
  4. 医療扶助 病気やけがのために医者や病院などにかかる費用
  5. 介護扶助 居宅・施設介護を受けるための費用
  6. 出産扶助 お産をするための費用
  7. 生業扶助 仕事に就くため、または、技能、技術を身につけるための費用
  8. 葬祭扶助 葬儀の費用(葬儀を出す親族がいないなど)

生活保護を受けるうえで

生活保護を受ける場合、次のようなことが必要になります。

  1. 能力の活用 
     世帯主や家族で働ける人はその能力に応じて働くこと。
  2. 現金や預貯金の活用
     保有する現金や預貯金がある場合は、その活用を図ること。
  3. 生命保険の解約
     生命保険に加入している人は、原則として解約返戻金の活用を図ること。
  4. 扶養義務の履行
     親、兄弟姉妹、子どもに援助の要請をすること。
  5. 社会保障制度の活用
     年金や雇用保険など、他の社会保障制度の活用を図ること。(他法優先の原則)
  6. 貴金属、有価証券の処分
     処分価値のある貴金属や有価証券などは処分し、生活費にあてること。
  7. 土地、家屋の活用
     広すぎる土地や家屋は処分し、生活費にあてること。
    (注)自家用車の保有及び借用は原則として認められていません。

生活保護の相談

社会福祉課または地域の民生委員児童委員へご相談ください。
 

お問い合わせ先

社会福祉課 

  • 電話:027-898-6142
  • ファクス:027-223-8325

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)