スクリーンリーダー用ショートカット

 

サイクラミン酸ナトリウム

最終更新日:2011年10月26日(水)ページID:003971印刷する

サイクラミン酸ナトリウムについて


サイクラミン酸ナトリウムは人口甘味料のひとつで、チクロとも呼ばれます。FDAにより発癌性や催奇形性の疑いが指摘されたため、アメリカや日本は1969年にサイクラミン酸ナトリウムの食品添加物の指定を取り消し、その使用が禁止されました。
しかし国によって対応は異なり、EUやカナダ、中国等55か国以上で現在でも使用されています。このため、使用が認められている国から輸入された食品で、サイクラミン酸ナトリウムが検出されるといった問題も起きています。
サイクラミン酸ナトリウムのADI(一日摂取許容量)は、JECFAの評価によれば0-11ミリグラム/キログラム体重/日とされています。これは、体重60キログラムの人を例に挙げると、一日当たり660ミリグラムのサイクラミン酸ナトリウムを毎日摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される量ということになります。
(注)FDA
アメリカ食品医薬品局
(注)ADI
人がある物質の一定量を、一生涯に渡って毎日摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される量。
(注)JECFA
FAO/WHO合同食品添加物専門家会議
(注)FAO
国連食糧農業機関
(注)WHO
世界保健機構

お問い合わせ先

衛生検査課 食品衛生係

  • 電話:027-220-5778
  • ファクス:027-223-8835

群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)