スクリーンリーダー用ショートカット

 

特定健診・特定保健指導について

最終更新日:2016年10月21日(金)ページID:001818印刷する

40歳から74歳までの人は「特定健康診査(以下、特定健診)」、75歳以上の人は「後期高齢者健診」が受けられます。

特定健診イメージイラスト

40歳から74歳 ≪特定健診≫

特定健診は、メタボリックシンドロームを予防・改善するための健診です

  • 40歳から74歳までの医療保険に加入している人が「特定健診」の対象です。
  • 健診結果から必要度に応じて「特定保健指導」が行われます。
  • 国民健康保険や被用者保険(協会けんぽ、共済組合、健保組合など)の医療保険者が実施主体となります。
  • 各医療保険者により、受診方法や受診場所、費用が異なりますので、詳細については各医療保険者にお問合せください。

    前橋市国民健康保険加入者は、特定健診受診シールにより無料で受診できます。
    (特定健診を受診した人は、国保人間ドック助成を受けられません。) 

    特定健診検査項目等の見方 

75歳以上 ≪後期高齢者健診≫

  • 75歳以上(一定の障がいがある人は65歳)の人は、「後期高齢者医療制度」で健診を受けることになります。
  • 費用は無料です。

特定健診を受ける場所は選ぶことができます 

前橋市国保に加入している人は、下記のいずれかの場所で特定健診を受けることができます。

(1)市内の医療機関など 【個別健診】:希望する日が選べる!
 H28 特定健診等実施機関一覧(PDF形式:85KB) 
   ↑土曜日に受けられる医療機関や予約なしで受けられる医療機関の情報を追加しました!!

(2)大胡・宮城・粕川・富士見の保健センターなど 【集団健診】:近くの会場で受けられる!
 H28 健診の受け方

 (3)健康づくり財団・前橋保健センター・市民サービスセンターなど 【総合健診】:休日にまとめて受けられる!
  
総合健診のページへ

特定健診の結果によって特定保健指導を行います

特定健診を受診後、メタボの予防・改善が必要な方のために情報提供や健康教室開催、専門家(保健師、管理栄養士等)からのアドバイス支援が受けられます。これを「特定保健指導」といいます。
保健師や管理栄養士が、無理なくメタボの改善・予防ができるようにサポートしていきます。

~特定健診から特定保健指導の流れ~

1.特定健診の受診 ⇒ 2.特定健診結果の送付 ⇒ 3.特定保健指導(専門家により個別面接や教室で生活習慣改善のためのサポート)

 H28 保健指導医療機関一覧
      

前橋市国民健康保険 特定健康診査等実施計画(第二期)を策定しました

第一期の実施計画(平成20年度から平成24年度まで)の実績を踏まえ、新たに平成25年度から平成29年度までの期間を対象とし、第二期特定健康診査等実施計画を策定しました。
 特定健康診査等実施計画(第2期)(PDF形式:580KB)
 

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

国民健康保険課  保健指導室

  • 電話:027-220-5715
  • ファクス:027-223-8849

前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)