スクリーンリーダー用ショートカット

 

成人歯科健康診査

最終更新日:2017年11月1日(水)ページID:002098印刷する

成人歯科健康診査のご案内 

 5年に一度の節目健診です。
 対象となった方はこの機会に受診をし、ご自身の歯の健康管理にお役立てください。

対象者

前橋市に住民登録のある下記年齢の方

  • 30歳(昭和62年4月2日~昭和63年4月1日生まれの方)
  • 35歳(昭和57年4月2日~昭和58年4月1日生まれの方)
  • 40歳(昭和52年4月2日~昭和53年4月1日生まれの方)
  • 45歳(昭和47年4月2日~昭和48年4月1日生まれの方)
  • 50歳(昭和42年4月2日~昭和43年4月1日生まれの方)
  • 55歳(昭和37年4月2日~昭和38年4月1日生まれの方)
  • 60歳(昭和32年4月2日~昭和33年4月1日生まれの方)
  • 65歳(昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれの方)
  • 70歳(昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれの方)
本人負担額 無料

健診内容

問診、口腔内診査
受診方法

個別健診、前橋市内の医療機関で受診する   医療機関一覧はこちら 追加医療機関はこちら 削除医療機関                  

受診回数 お一人様、年1回
受診期限 受診シール到着から平成30年2月末日まで  
持ち物 「平成29年度 前橋市健康診査受診シール」健康保険被保険者証

前橋市健康増進歯科健康診査のご案内

対象者 前橋市に住民登録のある前年度75歳になった生活保護受給者、中国残留法人等
本人負担額 無料
健診内容 口腔内診査、嚥下状態
受診方法 個別健診、前橋市内の医療機関で受診する 医療機関一覧はこちら 追加医療機関はこちら
受診回数 お一人様、一回
受診期限 平成29年10月2日(月)~平成30年1月31日(水)

 口の生活習慣病「歯周病」を防ごう!!

歯の周辺組織が破壊される歯周病。
原因は歯周病菌ですが、最近では食事・喫煙・ストレスなどの生活習慣や、糖尿病などの全身疾患なども
関係していることが分かってきています。

歯周病はこうしてすすむ!
見分け方 健康な状態 歯肉炎 歯周炎
歯肉の状態 張りがあって引き締まっている
歯と歯の間に入り込んでいる
腫れてブヨブヨしている
炎症を起こしている
歯槽骨が破壊され歯がグラグラしている
歯肉の色 うすいきれいなピンク色 充血して赤みを帯びている 赤紫~黒い
出血 出血しにくい 歯磨きなどの軽い刺激で出血しやすい 血だけでなく、膿が出る

歯周病の歯

 

歯周病にかかりやすい人とは

  • 歯磨きを丁寧にしていない
  • タバコを吸う
  • 歯ぎしりする
  • 歯並びや噛み合わせが良くない
  • ストレスが多い
  • 妊娠している
  • 口で呼吸する
  • 糖尿病にかかっている

歯周病は全身にも影響する!!

  • 歯周病が悪化して歯周病菌が血液中に入り込み、動脈硬化をおこしてる血管に付着すると、血液を狭める作用が促進すると考えられています。その結果、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険が高くなります。
  • 高齢者・寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生する「誤嚥性肺炎」は、食べ物や唾液が誤って肺に流れ込むことで起こります。この誤嚥性肺炎も、歯周病菌が重大な原因の一つと考えられています。 
  • 糖尿病の人は、免疫力が低下して、歯ぐきの炎症がおこりやすくなります。炎症によって出てくる物質がインスリンの血糖値をコントロールする働きを妨げ、糖尿病の状態を悪くするといわれています。  



     

 歯周病予防のために

セルフチェックリスト「こんな症状はありませんか」

  • 朝起きたときに、口の中がネバネバする セルフチェック
  • 口臭がある
  • 歯と歯の間に食べ物がよくはさまる
  • 歯がしみる
  • 歯の表面を舌でさわるとザラザラする
  • 歯を磨くと血が出る
  • 歯が長くなったように見える
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきを押すと血や膿がでる
  • かたいものが噛めない 

セルフチェックの結果はいかがでしたか?
1つでもチェックした人は、要注意です!!
早めに歯科医院で診てもらいましょう。 

歯周病予防のポイント

規則正しい生活規則正しい生活をする食事よく噛んで食べる

歯磨き

 正しく歯を磨く禁煙禁煙にチャレンジ

休養休養をとってストレスをためない歯科検診1

 



定期的に検診を受ける
 

歯周病は治療よりも予防の方が簡単です!

むし歯と歯周病を防ぎ8020(ハチマル・ニイマル)を目指しましょう!

「8020(ハチマル・ニイマル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを目標としています。
この目標を達成するためには、若い頃から、歯の喪失の2大原因である「むし歯」と「歯周病」を予防することが必要です。

お問い合わせ先

前橋保健センター(健康増進課 地域保健係)
電話番号:027-220-5708

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

健康増進課 地域保健係

  • 電話:027-220-5708
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)