スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成30年度から特定健診、特定保健指導が見直しに

最終更新日:2018年5月1日(火)ページID:019183印刷する

第3期期間がはじまります 

 平成20年度から被用者保険や市町村国保などの医療保険者に実施が義務付けられている特定健診と特定保健指導は、国においてこれまで5年ごとに検査項目などの見直しを行ってきました。
 平成29年度末には、第2期期間(H25~H29)が終了し、平成30年度から平成35年度までの6年間は、『第3期期間』として、特定健診と特定保健指導の一部に見直しが行われます。
 

検査項目の追加や弾力的な運用に

 特定健診の受診者は全国的に年々上昇していますが、まだまだ低い状況です。平成30年度からは、さらなる糖尿病等の重症化予防を進めるため、血清クレアチニンが新たに詳細な検査項目に追加となります。(本市では市同時検査としてこれまでも実施。)
 また特定保健指導は、全国的にも1割~2割の方の利用に留まっており、特定保健指導の期間を短くできるようになるなど、これまでよりも弾力的な運用ができることとなります。

 ≪主な修正項目≫
 〇特定健診に、血清クレアチニン(eGFR含む)が詳細な健診として追加となります。

 〇特定保健指導の実績評価について、「6か月後」から「3か月後」に短縮しました。
 

今後も特定健診の受診と特定保健指導の利用を

 特定健診と特定保健指導の見直しにより、ご利用しやすくなりますので、ぜひ平成30年度からは特定健診の受診と特定保健指導の利用をお願いします。

 見直しの内容については、厚生労働省の資料をご覧ください。
 平成29年度ブロック会議資料(抜粋)(PDF形式:830KB) 


※上記は国の制度見直しの内容を記載してありますので、本市の特定健診と特定保健指導の内容については、送付します「健康のしおり」や「受診シール同封物」などでご確認ください。

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

国民健康保険課 保健指導室

  • 電話:027-220-5715
  • ファクス:027-223-8849

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)