スクリーンリーダー用ショートカット

 

「たばこ」について考えよう

最終更新日:2017年8月21日(月)ページID:002094印刷する

たばこが与える健康への影響

~たばこは毒物の缶詰~
たばこの煙には、健康に害を及ぼす物質が多く含まれています。

  • 化学物質…約5300種類
  • 有害物質…約200種類以上
  • 発がん性物質…約70種類
    ≪たばこの三大有害物質≫

    〇ニコチン(依存性を高める) 〇タール(がんの原因) 〇一酸化炭素(からだを酸素不足にさせる)

    これらの有害物質は、 のどや肺などたばこの煙に直接触れる場所だけでなく、血液を通して全身に運ばれてがんなどを引き起こします。また、がん以外にもCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなります。

    COPD

受動喫煙とは

たばこの煙には、吸う人が直接吸い込む「主流煙(しゅりゅうえん)」と、たばこの先から出る「副流煙(ふくりゅうえん)」があります。
有害物質は主流煙よりも副流煙に多く含まれています。

受動喫煙とは、
本人は喫煙していなくても、他人のたばこの煙を吸わされてしまうことを言います。特に、子どもは大人よりも健康被害を受けやすいといわれています。
受動喫煙により年間1万5千人もの方が亡くなっています。
 

主流煙に含まれる成分を「1」とすると、副流煙には…

  • ニコチン2.8倍
  • 一酸化炭素4.7倍
  • タール3.4倍
  • アンモニア46倍   

受動喫煙の影響

受動喫煙による健康への影響は下記のとおりです。

  • 鼻や目への不快な刺激
  • 肺がんや心疾患などの危険性が高まる
  • 妊娠・出産への影響(低出生体重児、早産)
  • 子どもへの影響(中耳炎、喘息、乳幼児突然死症候群(注1)等

(注1)乳幼児突然死症候群(SIDS)
それまで元気だった赤ちゃんが睡眠中に何の前ぶれもなくなくなってしまう病気

    子どもを守ってあげられるのは、まわりの大人です!

  • 子育て世代の喫煙率は高い傾向にあります。
  • こどもが受動喫煙にさらされると病気にかかる危険性が高くなります。
  • こどもは自分で受動喫煙を避けることが困難です。

今からでも遅くない!ストップ!喫煙習慣

禁煙にチャレンジ!!

「たばこをやめたいな」と心のどこかで思っていませんか?
たばこが健康に悪影響を及ぼすことは明らかです。思い切って、たばこを吸う習慣にさよならしましょう。

禁煙の効果
禁煙を始めるのに遅すぎることはありません。始めた直後から多くのメリットがあります。

  • 味覚や嗅覚が改善
  • スタミナ改善
  • 免疫力アップ
  • 肺がん、心臓病などの病気にかかる危険性の低下 等

禁煙を決意したら!禁煙チャレンジ塾

禁煙を決意したものの、何から始めればいいのかわからない…。禁断症状が心配…。最近では様々な禁煙方法が確立しています。自分に合った方法を選んで、禁煙してみませんか?保健センターではあなたの禁煙を応援します!
禁煙に関心がある方は、健康増進課健康づくり係(027-220-5784)までご連絡ください。

禁煙チャレンジ塾

未成年の喫煙は法律で禁止されています

こころとからだが形成される大切な時期です。未成年の喫煙は肺がんやニコチン依存症など健康に与える害が、大人になってから吸い始めた人よりも大きいといわれています。

子どもの将来と健康を守るため、「未成年喫煙禁止法」で固く禁止されています。

お問い合わせ先

前橋市保健所 健康増進課 健康づくり係
電話番号
027-220-5784
 

前橋市健康増進計画 健康まえばし21(第2次計画)

お問い合わせ先

健康増進課 健康づくり係

  • 電話:027-220-5784
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)