スクリーンリーダー用ショートカット

 

薬と飲食物などの相互作用

最終更新日:2016年8月1日(月)ページID:006592印刷する

薬と健康食品・食品を併用すると薬の作用が弱くなって期待する効果が得られなかったり、強くなって思わぬ副作用を引き起こすことがあります。

薬の相互作用とは

薬と薬を併用するとお互いの作用が弱くなって期待する効果が得られなくなったり、強くなって思わぬ副作用を引き起こすことがあります。また、薬同士だけではなく、薬や食物との組み合わせにより同じようなことが起こることがあります。

薬の相互作用を防止するためには

複数の医療機関や診療科に受診している場合には、必ず医師や薬剤師に自分が服用している薬の名前を伝えてください。
また、街の薬局などで市販されている大衆薬を服用する場合にも、かかりつけ医師又はかかりつけ薬剤師にご相談ください。

薬と飲食物との代表的な相互作用について

ワルファリンと納豆

納豆ワルファリンは、血液を固まらせる作用があるビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくする薬です。一方、納豆を食べることで、納豆に含まれる納豆菌が腸内でビタミンKを作る働きが強いため、ワルファリンの作用を弱めてしまいます。
その他、健康食品のクロレラや青汁もビタミンKを多く含むため、ワルファリンを服用中の方は摂取を控えるよう指導されています。また、ビタミンKを多く含む緑葉野菜をたくさん食べ続けることは控えてください。
納豆の影響は数日間続くといわれていますので、ワルファリン服用中は、間隔をあけても納豆を食べることはできません。

降圧薬とグレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースカルシウム拮抗薬(降圧薬)の一部とグレープフルーツジュースとの飲み合わせにより、血圧が下がりすぎたり、頭痛、ふらつき、動悸などが現れるなどの報告があります。
これはグレープフルーツに含まれる成分により、薬の肝臓での代謝(分解など)が阻害されるためであるといわれています。
特にグレープフルーツとの相互作用が強いカルシウム拮抗薬を服用中の方は、グレープフルーツジュースの摂取を控えたほうが良いといわれています。
また、カルシウム拮抗薬のほか、抗血小板薬、高脂血症治療薬、睡眠薬及び免疫抑制薬の一部などもグレープフルーツジュースとの相互作用が報告されています。これらの薬を服用中の方もグレープフルーツジュースを控えたほうがよいでしょう。
たかが「ジュース」などとあなどらないでください。

薬とアルコール

アルコールアルコールは糖尿病治療薬、催眠剤、精神安定剤などの効果を強めることがあります。
また、一部の抗生物質は体内でのアルコールの分解を抑え、併用すると悪酔いと同じような状態を引き起こします。
アルコール(お酒)は百薬の長ともいいますが、いずれにしても、薬を服用しているときはアルコールを控えることが肝心です。

薬とセイヨウオトギリソウ

セント・ジョーンズ・ワートセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)はリラックス効果のあるハーブとして知られており、これを含む健康食品が販売されています。
しかし、セイヨウオトギリソウ中の成分は強心剤、免疫抑制剤、気管支拡張薬、血液凝固防止薬などの肝臓での分解を速くし、薬の効果を弱くするおそれがあります。
セイヨウオトギリソウを摂取しようと思っている方は、事前にかかりつけ医師又はかかりつけ薬剤師に相談してください。

薬と牛乳

牛乳テトラサイクリン系の抗生物質を牛乳と一緒に飲むと、牛乳のカルシウムと抗生物質が結びつき、吸収が阻害されてしまい、薬の効果が減少してしまいます。
これらの抗生物質と牛乳は2時間くらい間隔をあけて飲むことが必要です。

関連情報リンク

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(おくすりQ&A)(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

保健総務課 医事薬事係

  • 電話:027-220-5782
  • ファクス:027-223-8835

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号 前橋市保健所2階(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)