スクリーンリーダー用ショートカット

 

安心と早期発見のためにHIV検査・肝炎・性感染症検査を受けましょう

最終更新日:2017年7月7日(金)ページID:013209印刷する

前橋市保健所では、HIV検査B型・C型肝炎ウイルス検査等を行っています。今まで検査を受ける機会が無くご心配がある方は、前橋市保健所までご相談ください。

 前橋市保健所ではHIV・肝炎・性感染症検査を無料で実施しています

保健所では、HIV検査を「無料」・「匿名」で検査を受けることができます。
プライバシーは完全に守られますので、安心して検査にお越しください。 

検査日時
原則毎週水曜日 午前9時~10時30分 詳しい日程はコチラをご覧ください。

検査項目
血液検査(HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎)
※感染の機会から3か月以内では感染していても正しい結果が出ないことがあるため、3か月経過してからの検査をお勧めします。
※肝炎ウイルス検査のみの検査では身分を証明するもの(健康保険被保険者証、パスポートなど)が必要です。
尿検査(性器クラミジア・淋菌)
※尿検査をご希望の場合は検査の1~2時間前から排尿を控えてください。
※生理中は尿検査を実施することができません。
※梅毒・性器クラミジア・淋菌の検査は単独では実施できません。

予約
検査日の前日までに電話にてご予約ください。
電話番号027-220-5779(予約の状況によってはご希望に添えないこともあります。)

結果通知
HIV検査は当日(採血後1~2時間で結果がでます。 )、その他の検査は1週間後にお知らせします。
(電話による検査結果のお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。)
 

HIV検査

●HIV検査ってなに?
●エイズ(AIDS)とは・・・?
●どうして検査が必要なのか?
●HIV検査を受けるタイミング
●HIVの感染経路は主に3つ
●感染を予防するためには・・・

 B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査

●B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査
●B型肝炎、C型肝炎に感染しているかどうかを調べるには?
●どうして検査が必要なのでしょう?
●どんな人が感染の可能性が高いか
●肝炎検査で感染が分かる時期は
●肝炎の感染経路
●感染を予防するためには

HIV検査ってなに?

HIV検査とはエイズの原因となるHIVに感染しているかどうかを調べる血液検査のことです。少量の血液(約5cc程度)を採って、血液の中にHIVの抗原・抗体ができている(陽性)か、できていない(陰性)かを調べます。検査は、保健所や医療機関で受けられますが、保健所では「無料」「匿名」で受けることができます。前橋市保健所では、即日検査を行っていますので、採血をしてから1~2時間程で結果が出ます。匿名検査であるため、結果については、秘密厳守されており、プライバシーは完全に守られます。もし、HIVに感染していても、名前や住所を聞かれることはありません。

エイズ(AIDS)とは・・・?

エイズ(AIDS)は英語の「Acquired  Immuno  Deficiency  Syndrome」の頭文字をとったもので、日本語では「後天性免疫不全症候群」といいます。生まれた後にかかる(後天性)、免疫の働きが低下すること(免疫不全)により生じる、いろいろな症状の集まり(症候群)という意味になります。
主に性行為によって、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスに感染し、体内の抵抗力(免疫)が低下することによって引き起こされる、さまざまな感染症や悪性腫瘍といった病気の総称がエイズです。ですから、HIV感染=エイズということではないのです。
HIVに感染しても、しばらくは自覚症状はなく、すぐに発病するわけではありません。無症状の潜伏期間が1年から10年以上続いたのち、やがて免疫力が弱まり、症状が表れてきます。

どうして検査が必要なのか?

HIV感染の早期発見につながります。
HIV陽性の場合は、早期に治療を開始することで、長期間エイズの発症を抑えたり、遅らせることができますので、早期発見することは非常に重要なことです。また、陰性の場合においては、さらに感染予防を心掛けるきっかけとなります。
新規HIV 感染者及び新規AIDS 患者の感染経路としては、性的接触によるものが8 割以上を占めており、予防が可能な感染症です。まずは自分の感染有無を知ることが大切です。

HIV検査を受けるタイミング

感染のことが心配になったときは・・・
感染の可能性の機会から3か月を経過してから受けることをお勧めしますが(3か月以内では、感染していても正しい結果が出ないことがあるため)、不安が強い時は、まずは保健所や医療機関へ相談してみましょう。
詳しいHIV・肝炎・性感染症検査日程はコチラをご覧ください。

HIVの感染経路は主に3つ

性行為による感染
もっとも多い感染経路です。
HIVは主に血液、精液、膣分泌液に多く存在しています。HIVは感染者の血液・精液・膣分泌液から、性行為の相手の性器・肛門・口などの粘膜や傷口を通って感染します。

血液を介しての感染
HIVが存在する血液の輸血、または麻薬などの“回しうち”による注射器の共用によって感染します。また、入れ墨やボディピアスなどで、針先からうつる場合もあります。

母子感染
お母さんがHIVに感染している場合、妊娠中や出産時に赤ちゃんに感染することがあります。 母乳による感染の例もあります。

感染を予防するためには・・・

  • 無防備な性行為はさける。(必ずコンドームを使う)
  • 血液に直接触れないようにする。
  • 出産時・母乳により感染する可能性を知る。

 API-Net (新しいウィンドウで開きます )

レッドリボン

B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査

日本の肝がんの原因は、約70%がC型肝炎、約15%がB型肝炎です。いずれもウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。感染しても自覚症状は少なく、本人の気づかないうちに肝炎になり(肝臓の働きが悪くなり)、放置すると、慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと進行する場合があります。
詳しいHIV・肝炎・性感染症検査日程はコチラをご覧ください。

B型肝炎、C型肝炎に感染しているかどうかを調べるには?

感染しているかどうかは血液検査で調べます。血液検査では、HBs抗原、HCV抗体の有無を検査します。前橋市の肝炎ウイルス検査やご加入の医療保険者が行う肝炎ウイルス検査の対象にならず、心配のある方は保健所の検査を受けることができます。
健康のしおり(検診(健診)内容・日程等)

どうして検査が必要なのでしょう?

B型肝炎、C型肝炎については、抗ウイルス療法や肝庇護療法(肝細胞の破壊スピードを抑える)といった治療法が確立しつつあり、早期治療につなげるためにも、早期の検査受診が重要です。

どんな人が感染の可能性が高いか

感染者の多くは、感染の時期がはっきりしていませんが、以下のような傾向があげられます。

  • 1992(平成4)年以前に輸血を受けた方
  • 長期に血液透析を受けている方
  • 輸入非加熱血液凝固因子製剤を投与された方又は同等のリスクを有する非加熱凝固因子製剤を投与された方
  • フィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用を含む)を投与されたことがある方
  • 大きな手術を受けたことがある方
  • 臓器移植を受けたことがある方
  • 薬物濫用者、刺青をしている方
  • ボディピアスを施している方
  • その他(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにも関わらず、その後、肝炎の検査を実施していない方等)

肝炎検査で感染が分かる時期は

感染したウイルスの量によって多少の差はあります。B型肝炎は感染後約2か月、C型肝炎は感染後3か月くらいでHCV抗体が検出されます。心配なことがあってから3か月経過してから検査を受けることをお勧めします。

肝炎の感染経路

血液感染(感染者の血液を介して感染する)
肝炎ウイルスが含まれている血液の輸血等を行った場合
注射針、注射器を感染している人と共用した場合
感染している人の血液が付着した針を誤って指した場合(特に、病院や高齢者施設などで働く人たちは注意が必要です。)
感染している人に使用した器具を適切な消毒などを行わずにそのまま用いて、入れ墨やピアスを行った場合

母子感染と性行為による感染
母親が感染している場合、適切な感染予防を行わないと子どもに感染することがあります。(B型肝炎の場合は、予防のためワクチン接種をしましょう)

感染している人と性行為を行った場合
C型肝炎は性行為による感染はまれと言われていますが、感染しないと断定できるものではありません。(コンドームの使用をお勧めします。)

感染を予防するためには

血液・性行為により感染するので、感染の可能性のある人の血液や体液には触れないようにしましょう。

厚生労働省 肝炎総合対策 (新しいウィンドウで開きます)

知って、肝炎プロジェクト(新しいウィンドウで開きます)

 
<トピックス>
梅毒が増えています、過去の病気ではありません。
主な性感染症(性の健康医学財団)(新しいウィンドウで開きます)

地図

大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

関連サイト

お問い合わせ先

保健予防課 感染症対策係

  • 電話:027-220-5779
  • ファクス:027-223-8835

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所2階)(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)