スクリーンリーダー用ショートカット

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンのお知らせ

最終更新日:2018年2月23日(金)ページID:002148印刷する

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口及び救済制度のお知らせについては
こちら

厚生労働省からのお知らせ 

厚生労働省ホームページで、ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)に関する情報をお知らせしています。
現在、HPVワクチンの接種を積極的にお勧めすることを一時的にやめています。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。
厚生労働省ホームページ
 

【HPVワクチン接種後の痛みの診療について】
HPVワクチン接種後の副反応(主として痛み、しびれ、脱力など)について、被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するため、都道府県単位で協力医療機関が選定されました。厚生労働省ホームページで「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診察に係る医療機関」を公表しています。
・ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る医療機関

群馬県ホームページでHPVワクチンの県内接種状況や副反応報告状況、接種後の痛みの診療について、市町村相談窓口一覧を掲載しています。
群馬県ホームページ群馬県内接種状況


接種を希望する方は保健予防課へお問い合わせください。
なお、HPVワクチンの接種を検討している皆様、その保護者の方は、こちらのリーフレットをご覧ください。
・HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ
・HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ


医療従事者の方は、こちらのリーフレットをご覧ください。
・HPVワクチンの接種に当たって医療従事者の方へ 

ヒトパピローマウイルス感染症について

病気の概要
 ヒトパピローマウイルスは、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。しかしながら、子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっていることが分かってきました。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えていることもあり、問題視されているウイルスです。

子宮頸がんと尖圭コンジローマの発生状況
 2008年は約9,800人の子宮頸がん患者の発生が推計されました。
 その他、尖圭コンジローマは、全国の1,000弱の医療機関で発生数を調査しており、2011年は合計で約5,200人の尖圭コンジローマ患者の発生がありました。

※より詳しい情報についてはhttp://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/index.htmlhttp://www.nih.go.jp/niid/ja/all-surveillance/2085-idwr/ydata/3228-report-jb2011.htmlをご参照下さい。

ヒトパピローマウイルス感染症にかかった場合
 ヒトパピローマウイルスに感染すると、ウイルスが自然に排除されることもありますが、そのままとどまることもあります。長い間排除されずに感染したままでいると子宮頸がんが発生すると考えられています。
 子宮頸がんは、早期に発見されれば比較的治療しやすいがんですが、進行した場合には治療は難しいとされています。

ワクチン接種の効果
 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンは新しいワクチンのため、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ確認されておりませんが、ワクチン接種により、ワクチンが対象としているウイルスによるがんの前段階の病変への罹患リスクを90%以上減らすことができると報告されており、子宮頸がんの予防も期待されています。

標準的なワクチン接種スケジュール
 2価ワクチン(サーバリックス):中学1年生の間に、1ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。
 4価ワクチン(ガーダシル):中学1年生の間に、2ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。

 予防接種を受けたからといって、すべての子宮頸がんが予防できるわけではありません。20歳を過ぎたら定期検診を受けることが大切です。
お子さんの予防接種を機会に、保護者の方もがん検診を受けてみてはいかがでしょうか。がんの予防・早期発見に努めましょう。
子宮頸がん検診については以下のリンクをご確認ください。
※関連ページ :子宮頸がん検診について
 

お知らせ

平成25年度から定期予防接種になりましたが、現在、積極的勧奨は見合わせています。
対象者は中学1年生から高校1年生相当年齢の女子です。
接種を希望する方は保健予防課へお問い合わせください。 

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

保健予防課 感染症対策係

  • 電話:027-220-5779
  • ファクス:027-223-8835

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所2階)(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)