スクリーンリーダー用ショートカット

 

食育ってなあに?こんなことに取り組もう

最終更新日:2016年6月10日(金)ページID:004111印刷する

食育の基本目標を実現するための7つの取り組み

  1. 家庭における食育の推進
  2. 学校・幼稚園・保育所(園)における食育の推進
  3. 地域における食育の推進
  4. 生産者(製造者等)と消費者との交流および環境への配慮の促進
  5. 食文化・食の歴史の継承
  6. 安全・安心な食の確立
  7. 食育を支える環境づくり

1 家庭における食育の推進

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 健康な心身をつくる食の原点は家庭にあることを理解し、食べ物の大切さを感じながら、家族みんなで、バランスのとれた食事を楽しんでいます。

取り組みの方向性

  1. 成長に応じた食の基礎づくりの推進
  2. 食の大切さや望ましい食習慣の定着
  3. 規則正しい生活リズムの向上
  4. 生活習慣病や介護予防の推進
  5. 歯や口の健康づくりの支援

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 買い物に行き、一緒に料理を作って楽しく食べます。
  • バランスのとれた食事を心がけます。
食講座の様子
教室・講習会等
健康相談の様子
健康相談
健康フェスティバルの様子
健康診査

教室・講習会等

健康相談

健康診査

2 学校・幼稚園・保育所(園)における食育の推進

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 子どもたちが、学校・幼稚園・保育所(園)での食に関するさまざまな体験を通し、生涯にわたって基礎となる健やかな心と身体をはぐくんでいます。また、子どもたちを通して、家庭や保護者へ食育活動が広がっています。

取り組みの方向性

  1. 学校・幼稚園・保育所(園)における推進体制の整備
  2. 給食を通した食育の充実
  3. 食を自ら管理する力の育成
  4. 家庭や保護者への普及啓発

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 給食を楽しく、残さず、食べます。
  • 給食だよりや献立表の内容を参考にします。
栄養指導の様子
学校
給食メニュー
学校給食
おはし教室の様子
保育所等

学校の取り組み

保育所等の取り組み

3 地域における食育の推進

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 市民が、家庭や職場、地域の人びととのつながりの中で、食育に興味・関心をもち、食育活動に取り組んでいるとともに、地域で活躍するさまざまな人や団体がともに食育を推進しています。

取り組みの方向性

  1. 地域における食育活動への支援
  2. 職場における食育の促進
  3. 食品関連事業者などとの連携

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 地域の食を味わいます。
  • 教室や地域の行事に参加し、交流します。
食生活改善推進員の活動
地域住民
食育推進大会の様子
事業者等

地域住民の取り組み

事業者等(関連リンク)

4 生産者(製造者等)と消費者との交流および環境への配慮の促進

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 市民一人ひとりが実際に食べ物を見る、収穫する、調理する、味わうなどの活動を通じ、地域の食への関心や理解を深めています。また、「食べること」への感謝の気持ちをもち、食べ物を無駄にしないなど、環境にやさしい生活を送ります。 

取り組みの方向性

  1. 前橋でとれる農産物への理解
  2. 地産地消の推進
  3. 食から考える環境への影響

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 感謝の気持ちを「いただきます」「ごちそうさま」で表します。
  • 地元の農産物コーナーに目を向けます。
  • 食材を無駄なく使用し、ごみを減らします。 
上州麦豚
地産地消の推進
収穫体験の様子
食の生産・流通に関する体験・交流活動の推進

地産地消の推進

食の生産・流通に関する体験・交流活動の推進

5 食文化・食の歴史の継承

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 本市の自然や風土、歴史が生み出し、はぐくんだ豊かな食文化が、家庭や学校、地域の人びととのつながりの中で、守られ、次の世代へと受け継がれています。

取り組みの方向性

  1. 郷土料理・行事食の普及促進
  2. 食文化等に関する知識の普及および情報提供

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 郷土料理や行事食の理解を深め、作って味わいます。
  • 郷土料理を提供する場に家族で出向きます。

郷土料理レシピ集

6 安全・安心な食の確立

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 食の安全性に対する意識を高め、知識や情報を習得し、安全・安心な食生活を送っています。また、有事の際にも、生命や健康を維持するために必要な食の対応力を身につけています。

取り組みの方向性

  1. 食品衛生に関する知識の普及啓発
  2. 食品営業者等への監視・指導および検査の推進
  3. 食品表示の適正化および普及啓発
  4. 農産物の安全・安心な流通の確立
  5. 災害時等における供給体制の確立と市民の実践力の向上

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 食中毒の予防方法を理解し、安全な食生活を身につけます。
  • 食品表示を理解して、食品を選ぶ力を身につけます。
  • 災害時に対応できる力を身につけます。

7 食育を支える環境づくり

ともにめざす姿<食育の推進によりめざす、望ましい市民の姿>

 市民や各種団体、行政などが協働し、楽しみながら主体的に食育を実践しています。また、食育を市民が実践していくための環境が整備されています。

取り組みの方向性

  1. 食育にかかわる人材の育成
  2. 食育を推進する連携体制の確立
  3. 総合的な食育の情報提供

市民一人ひとりが実践しましょう

  • 食に関わる団体やボランティアの活動に関心をもちます。
  • 市民一人ひとりが実践しましょう
  • 団体やボランティア等が交流し、ともに食育を進めます。
  • 食育に関する情報を積極的に収集します。

お問い合わせ先

健康増進課 食育推進係

  • 電話:027-220-5783
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)