スクリーンリーダー用ショートカット

 

おはし教室

最終更新日:2016年6月10日(金)ページID:004123印刷する

1 はしを上手に使えると

  • 食べにくいものもきちんとさばいて食べられるので、多くの食材を扱うことが出来る。
  • 一緒に食事をする人が楽しく食べられる。
  • よい姿勢で食事が出来る。
  • 指先が器用になり、鉛筆も上手に持つための練習にもなる。
  • 日本の伝統文化(食事作法)を伝承することができる。

2 正しいおはしの持ち方

  1. おはしの1本を中指、人差し指、親指の3本で持ちます。
  2. 薬指の爪の横に当てるようにもう1本のおはしを入れ親指の付け根ではさみます。

おはしの使い方(親指と中指、ひとさし指で、上野はしを押さえる。持つ位置は真ん中より少し上くらい。親指のつけね、くすり指で、下のはしをささえる)

3.こんなおはしの使い方はマナー違反です!

違反はし(握り箸、迷い箸、突き箸)

その他にも、涙箸、よせ箸、渡し箸、ねぶり箸(箸に付いたものをなめる)、探り箸、移り箸などがあります

おはしたいそう

楽しく正しいおはしの使い方を学びましょう!
おはしたいそう(PDF形式:99KB)

お問い合わせ先

健康増進課 

  • 電話:027-220-5783
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)