スクリーンリーダー用ショートカット

 

外国人住民の方にも住基ネットの運用が開始されました

最終更新日:2016年11月25日(金)ページID:011125印刷する

2013年7月8日から、外国人住民の方にも住民基本台帳ネットワークシステム(以下、住基ネットという)の運用が開始されました。

 2013年7月8日から、外国人住民の方にも住基ネットの運用が開始され、外国人住民の方にも住民票に住民票コードが記載されます。
 つきましては、2013年7月8日以降に初めて日本国内で住民登録された方には住民票コード通知票を交付します。なお、住民票コードは、住所が変更になっても引き続き使用する番号です。住民票コード通知票は大切に保管してください。

総務省<外国人住民の方についても、2013年7月8日から、住基ネットの運用が開始されます。> 
日本語
英語
中国語(簡体字)
中国語(繁体字)
韓国語
ポルトガル語
スペイン語

関連ページ:総務省<外国人住民に係る住民基本台帳制度について>
 

住基ネット及び住民票コードについて

 住基ネットは、住民の皆様の利便性の向上と、国及び地方公共団体の行政事務の合理化を図るため、居住関係を公証する住民基本台帳をネットワーク化した全国共通の本人確認ができるシステムであり、住民票コードは住基ネットにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、無作為な11桁の番号です。

総務省<住基ネット>
 

お問い合わせ先

市民課 住民係

  • 電話:027-898-6106
  • ファクス:027-243-3906

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)