スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成26年5月8日開催)

最終更新日:2017年5月18日(木)ページID:012983印刷する

平成26年5月8日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成26年5月8日(木)午後2時00分~2時25分

会場

市庁舎・11階北会議室

1 案件説明の要旨

(1)「公共交通乗りかたガイド」及び「上電ガイド」の作成について<資料1>(PDF形式:134KB)
(市長)
 公共交通は、結構便利なものです。しかしながら、なじみが無く便利さを知らない市民の方も多数いらっしゃいます。そこで、公共交通を使うことへの心理的な壁を低くするため、今回、このようなガイドブックを作成しました。公共交通の利用促進につながることを期待しています。

公共交通乗りかたガイドはこちら

(2)前橋学市民学芸員の募集について<資料2>(PDF形式:451KB)
(2)前橋学市民学芸員の募集について<資料2_参考>(PDF形式:504KB)
(市長)
 富岡製糸場が、世界遺産となる見込みです。多くの方が訪れることになるでしょうし、その中で、前橋の絹遺産を訪問する方もいらっしゃると思います。富岡製糸場の第3代と第5代の所長は、前橋藩出身の速水堅曹(はやみ けんそう)ですが、どのような人物だったのか答えられるような市民を増やしていきたいと考えています。
 この前橋学市民学芸員の仕組みも、そうした中で行うものです。6月から11月までの間、さまざまなテーマで開催される講習会を受け、レポートを提出いただいた方を認定します。
 また、その他にもいろいろな歴史文化企画を進める予定です。具体的には、「広報まえばし」での特集記事、前橋の歴史を改めて案内するラジオ番組「前橋ルネッサンス」、速水堅曹に関する講演会、前橋空襲と復興に関する企画展などです。前橋は、眠っている歴史文化遺産を見直していく必要があると考えています。

(3)シティプロモーション用職員名刺の作成について<資料3>(PDF形式:92KB)
(3)シティプロモーション用職員名刺の作成について<資料3_名刺サンプル>(PDF形式:1,380KB)
(市長)
 多くの市民や企業に幅広く前橋市の情報を知ってもらうため、シティプロモーション用の名刺を作成しました。それぞれの所属ごとのアピールポイントを採り入れたデザインとなっています。
 また、市外の方と会う機会が多い幹部職員の名刺については、8面の折りたたみ型で、表面には、当該職員の肩書き、それ以外の面には、前橋市の特徴や市政が目指す方向性などを記載しています。

(4)赤城山でのスポーツイベントと「新緑&つつじWEEK」について<資料4>(PDF形式:390KB)
(市長)
 前橋市では、赤城山を舞台にしたさまざまな観光・スポーツイベントを行っています。その中で、近々募集があるものとして「赤城山ヒルクライム」と、ことしからコーエィE・Cがネーミングライツパートナーとなった「あかぎ大沼・白樺マラソン(新しいウィンドウで開きます)」、近々開催されるものとして「赤城山新緑&つつじWEEK」があります。これらの取材・PRについてもよろしくお願いします。

2 主な質疑応答

○前橋学市民学芸員の募集について

(記者)
 応募資格はどのようなものでしょうか。

(歴史文化遺産活用室長)
 市内在住・在勤の方を対象とし、年齢制限はありません。

(記者)
 学芸員には、どのような場面で活躍いただく予定ですか。

(歴史文化遺産活用室長)
 まずは、来年1月からのNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放映にあわせて前橋に見えた方々などに、前橋の魅力を伝えていただきたいと思います。

(市長)
 ハイヤー協会や旅館・ホテル協会などにも学芸員募集の案内をしています。お忙しい中とは思いますが、講習を受け、ホスピタリティーを上げていただければありがたいと考えています。

○中心市街地での路上喫煙防止に向けた取り組みについて

(記者)
 路上喫煙防止の重点区域を定めるとのことですが、想定区域を教えてください。

(ごみ減量課課長)
 人通りが多い中心市街地を中心に、関係者の意見を伺っているところです。

(市長)
 中心市街地を指定、一定の監視を行い、勧告等に従わない場合は科料を課すという流れになると思います。
 中心市街地の状況を見ると、落ちているごみの中で最も多いのがたばこの吸殻ですので、それを抑制することが、ニューヨークで成果を挙げたブロークン・ウィンドウ理論のように、公序良俗の向上につながると感じています。

(記者)
 重点区域を現在、中心市街地において検討中とのことですが、将来的には拡大していくのでしょうか。

(ごみ減量課課長)
 導入後の影響や地域の方々の意見を伺いながら検討していくことになると思います。

(記者)
 開始時期と監視をどのように行っていくのか教えてください。

(ごみ減量課課長)
 時期については、夏には導入したいと考えています。監視については、まず、路上喫煙やポイ捨てが禁止されていることを知っていただくため、看板などを設置し、周知・啓発を図ることから行いたいと考えています。

(記者)
 観光地に拡大する予定はあるのでしょうか。

(市長)
 そうなるべきだろうと思っています。まずは、中心市街地で行い、その後、拡大していきたいと考えています。

○富岡製糸場等の世界遺産登録勧告について

(市長)
 生糸のまちとして栄えた前橋にとっても名誉なことだと思っています。富岡市、及び関連遺産が立地する自治体に対してお祝いを申し上げますとともに、引き続いてのご尽力をご期待申し上げます。
 5月15日号の「広報まえばし」では、本市との関わりや、その当時の市内の様子などを掲載する予定です。

(以上で終了)

お問い合わせ先

市政発信課 

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)