スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成26年10月20日開催)

最終更新日:2014年10月23日(木)ページID:013871印刷する

平成26年10月20日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成26年10月20日(月)午後2時00分~2時20分

会場

市庁舎・11階南会議室

1 案件説明の要旨

(1)大河ドラマ館チケット発売について<資料1>(PDF形式:121KB)
(市長)
 来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」ドラマ館のチケット販売を本日から開始します。チケット料金は、前売り券が大人400円、子ども160円です。通常券は大人500円、子ども200円ですので、ぜひ、お得な前売り券をご購入ください。
 なお、ドラマ館は、群馬県庁昭和庁舎に来年の1月10日(土)から再来年の1月31日(日)まで設置する予定です。内容は、衣装の展示や県令執務室の再現、シアター展示、松下村塾の再現ドラマセットなどを予定しています。

(2)楫取素彦ゆかりの「至誠の梅」植樹式について<資料2>(PDF形式:116KB)
(2)楫取素彦ゆかりの「至誠の梅」植樹式について<資料2_案内図>(PDF形式:148KB)
(市長)
 平成27年の大河ドラマ「花燃ゆ」の放映を記念して、初代群馬県令の楫取素彦(かとり もとひこ)と文(ふみ)夫人が晩年を過ごした山口県防府市から、来年5月、友好親善の市民団がいらっしゃいます。その先遣として、毛利報公会や防府天満宮、防府商工会議所、防府市職員の方などが、本市を訪れることになりました。
 訪問団からは、友好のしるしとして、楫取夫妻の信仰が厚かった防府天満宮の梅の木を「至誠の梅」としていただくことになっており、10月28日(火)に前橋公園で植樹式を開催します。また、本市からは、その返礼として前橋藩主・松平直克(まつだいら  なおかつ)公お手植えのざくろの苗木を贈呈する予定です。

(3)児童文化センター「こども秋まつり」と「冒険遊びゾーン」オープンについて<資料3>(PDF形式:168KB)
(市長)
 児童文化センターに「冒険遊びゾーン」という素敵な場所ができました。前橋東ロータリークラブのご支援と、ボランティアの方たちのご協力をいただいた手作りの遊び場で、ターザンロープや丸太渡りなどがあるわくわくするような場所です。11月1日オープン予定ですので、ぜひ、大勢の方々に来ていただきたいと思っています。
 また、11月1日から3日まで、児童文化センターでは「こども秋まつり」を開催します。人気のプラネタリウムやゴーカート、ボランティアによるマジックショーなどを楽しむことができます。

(児童文化センター館長)
 児童文化センターの南側の森には、遊ぶ施設などがありませんでした。そこに完成した遊び場です。作業には、前橋東ロータリークラブ、児童文化センターのボランティアの方々、山本市長、佐藤教育長、児童文化センターの職員があたりました。
 ロープ渡り、どろ団子ができるどろ場、丸太渡り、冒険の木、さらにはテーブルや椅子などいずれも手作りです。ここで子どもたちは自然に親しみながら遊ぶことができます。こども秋まつりのスタートが「冒険遊びゾーン」のオープンです。

(市長)
 市民の力でできた遊び場です。こうしたことが積み重なって前橋市は成り立っていると思っています。だからこそ、皆が気持ちを寄せられるような清廉で公平で公正な政治中枢を作っていかなくてはいけないと考えています。

(4)大室はにわ館のオープンについて<資料4>(PDF形式:697KB)
(4)大室はにわ館のオープンについて<資料4_チラシ>(PDF形式:271KB)
(市長)
 こちらも11月1日(土)オープンです。教育委員会では、今年度から3カ年事業で「大室古墳の教室」を実施します。はにわ館は、その事業の一環として開設するものです。大室公園には、養蚕農家が移築されていますが、その敷地にある土蔵を改装してつくります。
 展示内容は、大室古墳群からの出土品、市民ボランティア制作の複製品、3D映像教材による大室古墳群の紹介、土偶を作る体験コーナーなどです。複製品を制作したのは、「前二子古墳石室復元市民プロジェクト」に参加された市民ボランティアの方々です。プロジェクトは、前二子古墳から出土した土器や装身具などの再現を行なうことを目的として、平成18年から24年にかけて活動していました。
 「大室古墳の教室」は、それを継承するもので、今後、小学生向けの夏休み考古学教室や、赤城南麓の考古学講座、土器や馬具を作る体験学習教室などを計画しています。はにわ館では、今後、「大室古墳の教室」の活動成果も展示していきます。

2 主な質疑応答

○大河ドラマ館チケット発売について

(記者)
 1年間でどれくらいの来場者を見込んでいるのでしょうか。

(歴史文化遺産活用室長)
 30万人を目標にしています。

○楫取素彦ゆかりの「至誠の梅」植樹式について

(記者)
 前橋市からは、ざくろの苗木を贈呈するとのことですが、28日に併せて贈呈するのでしょうか。

(市長)
 はい。そのようになる予定です。

○経済産業大臣の辞任及び中之条町長の辞職願について

(記者)
 本日、小渕経済産業大臣が辞任され、折田中之条町長が辞職願を提出されたそうですが、これをどのように受け止めていますか。

(市長)
 私は、このことに関する内容を承知していません。ただ、私が小渕恵三元首相の秘書として十数年政治を学び、中之条町長は秘書時代の私の上司であり、大臣を辞任された小渕代議士については、小渕家の書生時代から面識があったことを踏まえると、個人的には非常に残念だと感じています。

(記者)
 小渕前大臣の政治資金問題で、収支の食い違いなどの問題が次々と報道されていますが、小渕元首相の秘書だった市長としては、この一連の問題をどのように見ていますか。

(市長)
 私が秘書を務めていた頃は、小渕恵三代議士自身が非常に真面目な性格だったので、このようなことは予想できませんし、また、会費を取らないで物事を行うという経験が私はありませんので、今回の案件の中身を存じ上げないながらも、一定の記載上の問題ではないかと考えています。

(記者)
 調査中ということで、国民への説明がまだ十分には果たされていないと思いますが、その点はいかがでしょうか。

(市長)
 国民への説明は、当事者である小渕代議士がされるものだろうと思っています。しかしながら、小渕代議士自身が、ことの詳細を認識しておられるのかどうか私には分かりかねます。よく調査するには時間が掛かるのではないかと考えますので、そういうものも含めてきちんとした説明が行われるだろうと信じています。

(記者)
 後日、中之条町長選挙が行われることになると思いますが、来春の統一地方選も含め今後の選挙にどのような影響があると思いますか。

(市長)
 そこまでコメントできる立場にはありませんので、回答を控えたいと思います。

(以上で終了)

お問い合わせ先

市政発信課 

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)