スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成27年10月23日開催)

最終更新日:2017年7月12日(水)ページID:015553印刷する

平成27年10月23日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成27年10月23日(金)午後2時~2時55分

会場

市役所11階南会議室

1 冒頭

○NHK大河ドラマ「花燃ゆ」出演予定の本県出身の女優あらいすみれさん挨拶

(市長)
 本日、ぐんま花燃ゆ大河ドラマ館の来場者が10万人を突破しました。また、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が明治編に入り、舞台も群馬に移りました。明治編に、本県出身の女優あらいすみれさんが出演することになり、本日ご挨拶に来てくださいました。

(あらいすみれ氏)
 こんにちは、群馬県館林市出身のあらいすみれです。今回大河ドラマ「花燃ゆ」で三田佳子さん演じる阿久沢せいに繭を卸す養蚕農家の妻ナツ役で出演することとなりました。地元が舞台となるということで、大変興奮しています。群馬の女性が前向きに一生懸命働く姿を、俳優の皆さんが演じきっていますので、ぜひご覧いただきたいと思います。 

(ベリーベリープロダクション社長)
 あらいが在籍している事務所の社長をしています。私は前橋市出身で、実家は製糸業を営んでいたため、大河ドラマ「花燃ゆ」に弊社の女優が出演できることを大変嬉しく思います。これから物語は群馬の繁栄を描いていきます。あらいも最終話まで出演しますので、ぜひご覧ください。

2 案件説明の要旨

(1)サッポロ一番みそラーメン「前橋二番」の製作について<資料1>(PDF形式:158KB)
(1)サッポロ一番みそラーメン「前橋二番」の製作について<資料1_チラシ>(PDF形式:837KB)
(市長)
 都市魅力アップ共創(民間協働)推進事業のひとつとして、サッポロ一番みそラーメン「前橋二番」を製作します。この企画は、前橋おもてなしの会が発案し、サンヨー食品株式会社が企画に賛同して実現しました。サンヨー食品の看板商品であるサッポロ一番みそラーメンのパッケージデザインを前橋オリジナルに作り変え、フタの裏面には前橋市の二番自慢などを記載しています。販売は11月8日(日曜日)の予定で、まずJR前橋駅構内前橋物産館広瀬川や、食の駅ぐんま前橋店・前橋南店・前橋エキータ店で販売を開始し、順次、市内小売店やイベントへ拡大していきます。希望小売価格は税別180円です。

(前橋おもてなしの会会長)
 前橋おもてなしの会は「前橋を元気な街に」をスローガンに、前橋市の中心市街地の活性化とスポーツ支援を目的として結成された任意団体です。今回の前橋限定カップラーメンを作るにあたり、サンヨー食品や前橋市と協議を重ねてまいりました。この取り組みが前橋市の知名度を上げる一助になればいいなと思います。

(サンヨー食品株式会社専務)
 サンヨー食品株式会社は、朝倉町に本社工場を持つ前橋発祥の企業です。前橋市を盛り上げるお役に立つのであればと思い、前橋限定ラーメンを製作することにしました。サッポロ一番みそラーメンは弊社のロングセラー商品で、袋麺は業界シェア1位を誇ります。今回の企画は、前橋市民に弊社を知ってもらう機会、また全国に前橋をアピールする機会になると思っています。

(2)「木村ユタカ氏と児童文化センター合唱団のコラボレーション」について<資料2>(PDF形式:126KB)
(2)「木村ユタカ氏と児童文化センター合唱団のコラボレーション」について<資料2_ポスター>(PDF形式:3,928KB)
(市長)
 児童文化センターでは、10月31日(土曜日)、11月1日(日曜日)、3日(火曜日)に「こども秋まつり」を開催します。期間中はたくさんの楽しいイベントを行います。最終日の11月3日(火曜日)には、午前10時30分からオータムコンサートを開催し、昨年度「市民のうた」市長賞を受賞した木村ユタカさんと児童文化センター合唱団が、受賞曲「僕らの夢」を一緒に歌います。本日は木村さんにお越しいただきましたので、ご挨拶と、一部披露いただきます。

(木村ユタカ氏)
 「僕らの夢」は、子どもたちが未来を夢見て頑張っていけるよう思いを込めて作りました。今回は合唱ということで曲のアレンジもしています。本番に向け子どもたちと一緒に一生懸命練習していますので、ぜひ合唱を聴きに来てください。

(3)10月30日(金)開催ノベッロ祭りについて<資料3>(PDF形式:171KB)
(3)10月30日(金)開催ノベッロ祭りについて<資料3_チラシ>(PDF形式:1,679KB)
(市長)
 前橋○○特区の一環として、ノベッロ特区「ノベッロ祭り」を開催します。ノベッロとはイタリアワインの新酒のことで、毎年10月末が解禁日です。本市の友好都市イタリア・オルビエート市の特産品がワインであることから、友好の証としてオルビエート産のノベッロワインの解禁を本市でもお祝いすることにしました。ノベッロ祭りは10月30日(金曜日)午後6時から8時30分、中央イベント広場で開催します。会場ではワインに合うおつまみやピザなどが出店され、オルビエート直輸入のノベッロワインが2,000円で飲み放題です。また、ソムリエ田崎真也さんによるトークショーも行われます。さらに、目玉料理として、イタリアの伝統料理ポルケッタを前橋版にアレンジした前橋ポルケッタを有料ですが食べることができます。

(4)前橋市民体育館のネーミングライツスポンサー募集について<資料4>(PDF形式:128KB)
(市長)
 現在大規模改修工事を行っている市民体育館が、平成28年4月1日にリニューアルオープンします。それに合わせ、ネーミングライツスポンサーを募集します。公募期間は、11月1日(日曜日)から11月30日(月曜日)までの1カ月間です。その後、選定委員会を設置、応募内容を総合的に審査して優先交渉者を決定します。市の希望条件は、ネーミングライツ料が年額200万円以上であること、契約期間が5年以上であること、愛称の一部に「前橋」または「まえばし」を使用することの3つです。

3 その他

○前橋駅前けやき並木ライトアップ点灯式について

(市長)
 昨年度に引き続き、今年度も前橋駅前けやき並木通りをライトアップすることになりました。実施期間は本日10月23日(金曜日)から来年1月31日(日曜日)午後5時から10時までです。初日のきょう、午後6時からJR前橋駅北口駅前広場で点灯式を開催します。ことしのライトアップは昨年度アーツ前橋のライトアップを担当した、アーティストの高橋匡太さんがデザインを担当し、その時期のテーマに合わせて照明の色彩や動きが変わるようになっています。

○中核市サミットin前橋の開催について

(市長)
 11月5日(木曜日)午後1時からヤマダグリーンドーム前橋で中核市サミットin前橋を開催します。全国45市の中核市市長が一堂に会し、中核市の抱える課題について協議、意見交換を行います。また、一般財団法人地方自治研究機構会長で元内閣官房副長官の石原信雄さんをお呼びし、基調講演を行います。一般の方も傍聴することができますので、ご希望の方は担当課までお問い合わせください。

○第27回消防ふれあい広場の開催について

(市長)
 11月7日(土曜日)午前9時30分から午後1時30分まで、児童文化センターで消防ふれあい広場を開催します。ことしは消防音楽隊50周年を記念して、同センターでコンサートを行います。また、超速戦士G-FIVEショーや、レスキュー体験、消防車と記念撮影など、子どもたちが楽しめるイベントを数多く用意しています。

○大胡城・牧野氏まつりの開催について

(市長)
 11月14日(土曜日)、大胡城・牧野氏まつりを初開催します。当日は午前10時45分から鉄砲隊パレードが大胡中学校から大胡城址に向けてスタートし、到着後、鉄砲を用いた演武を行います。午後2時からは大胡シャンテで第17代牧野家当主の牧野忠昌さんによる記念講演「大胡時代の牧野氏」が開催されます。

4 質疑応答

○サッポロ一番みそラーメン「前橋二番」の製作について

(記者)
 サンヨー食品株式会社が自治体とコラボするのは初めてでしょうか。

(サンヨー食品株式会社担当者)
 はい、初めてです。

(記者)
 「前橋二番」という名前はどのような経緯から付けられたのでしょうか。

(政策推進課長)
 「サッポロ一番」という伝統の商品名に敬意を表しつつインパクトのある名前を考え、「前橋二番」としました。二番というところに、前橋の都市像につながる奥ゆかしさがあるのはないかと思っています。

(記者)
 サッポロ一番シリーズの中でもみそ味を選ばれたのはなぜですか。

(サンヨー食品株式会社担当者)
 みそ味は袋麺の中で1番売れている味で、知名度が高いです。また、寒くなるこれからの時季にも合うと思い、みそ味を選びました。

(記者)
 3,000ケース製作し、販売はうち1,000ケースとありますが、残り2,000ケースはどのようなことに使用するのでしょうか。

(おもてなしの会担当者)
 地域のイベントでの配布や、販促物としての活用を予定しています。

(記者)
 おもてなしの会の運営に対し、市は補助金を出していますか。

(政策推進課長)
 出していません。

(記者)
 今回の3者の役割はそれぞれどのようになっていますか。

(政策推進課長)
 サンヨー食品株式会社が商品製作をし、発案者のおもてなしの会が商品を買い取り、前橋市の活性化に活用していきます。市はパッケージデザインを担当しました。

(記者)
 この商品は、市内のみでの販売でしょうか。

(サンヨー食品株式会社担当者)
 現時点では、市内のみの販売を想定しています。

○前橋市民体育館のネーミングライツスポンサー募集について

(記者)
 改修工事前と大きく変わったところはありますか。

(スポーツ課長)
 今回の工事で耐震化への対応と、冷暖房設備を整えました。

○中核市サミットin前橋の開催について

(記者)
 一般の人の当日参加も可能ですか。

(市長)
 可能です。

(記者)
 前橋が抱えている課題とサミットに向けた抱負をお聞かせください。

(市長)
 群馬県には2つの中核市と2つの特例市があり、1県に1市、大きな都市があるところとは状況がまったく違います。今までの中核市サミットでは、1県1中核市が前提で議論が行われることが多く、もどかしく感じることがありました。前橋市のような中核市もあることを実際に見ていただき、他の中核市市長からご意見をもらいたいと思っています。

○マイナンバー制度について

(記者)
 マイナンバー制度がはじまりましたが、所感をお願いします。

(市長)
 マイナンバー制度をめぐってはさまざまな議論があると思います。しかし、前橋市はICTによるまちづくりを進めており、カードの拡張性には期待をしています。拡張機能に市独自の仕組みを盛り込めればよいなと考えています。

○杭打ち工事データ改ざんについて

(記者)
 杭打ち工事のデータを改ざんした会社が過去10年間に手掛けた工事数が発表され、県内は39箇所あったようですが、市として何か対策をとっていますか。

(建設部長)
 39箇所の詳細が公表されていないため、まずは市有施設で該当する建物がないか、調査を進めているところです。

(以上で終了)

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市政発信課 広報係

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)