スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成27年12月24日開催)

最終更新日:2016年1月6日(水)ページID:015823印刷する

平成27年12月24日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成27年12月24日(木)午後2時~2時45分

会場

市役所11階南会議室

1 案件説明の要旨

(1)前橋市民体育館ネーミングライツ契約の締結について<資料1>(PDF形式:77KB)
 (市長)
 来年4月1日にリニューアルオープンする前橋市民体育館のネーミングライツスポンサーを公募し選定委員会で選定した結果、株式会社ヤマトをネーミングライツスポンサーとして決定しました。株式会社ヤマトは、前橋市古市町に本社を置き、設備工事を主に行っている企業です。契約金額は年間税込み250万円、愛称は「ヤマト市民体育館前橋」となります。愛称の使用期間は、来年4月1日から平成33年3月31日までの5年間です。 

(株式会社ヤマト代表取締役社長)
 今回の決定を大変嬉しく思っています。弊社は今までもイベントや自社ロビーでの絵画展などを開催し、市民とのつながりを大切にしてきました。今回、前橋市民体育館のネーミングライツスポンサーになることで、さらに市民とのつながりが生まれることを期待しています。

(2)空き家対策について<資料2>(PDF形式:183KB) 
(市長)
 「空家等対策の推進に関する特別措置法」および「前橋市空家等対策の推進及び空家等の活用の促進に関する条例」に基づき、「前橋市空家等対策計画」を策定しました。この計画は、本市の空き家等対策の基本となる計画であり、今後はこの計画に基づいて、対策を進めていきます。計画の策定は、県内で初、全国の中核市でも初めてです。
 また、前橋工科大と共催で空家シンポジウムを開催します。空き家問題は市民の皆さんにとっても身近な問題です。ぜひご参加ください。シンポジウムの詳細は、前橋工科大の学生から紹介いただきます。

(前橋工科大工学科建築学部学生)
 私たちは前橋工科大学の研究室で空き家調査をしています。今回の空家シンポジウムは来年1月24日(日曜日)午後2時から4時30分まで煥乎堂(かんこどう)ホールで開催します。当日は移住・住みかえ支援機構代表理事の大垣尚司(おおがきひさし)氏による講演「地方創生と住宅循環」と、首都大学東京准教授の饗庭伸(あいばしん)氏による講演「空家をまちづくり・都市計画で活かす」、大垣教授、饗庭准教授、山本市長、NPOブレインファーム理事長の天田亮介(あまだりょうすけ)氏、前橋工科大の堤洋樹(つつみひろき)准教授の5名によるパネルディスカッションを行います。空き家について真剣に考えるいい機会だと思います。ぜひご参加ください。

(3)「前橋おかえりなさい演奏会」の開催について<資料3>(PDF形式:127KB)
(3)「前橋おかえりなさい演奏会」の開催について<資料3_チラシ>(PDF形式:174KB)
 (市長)
 前橋の地域若者会議のメンバーが本市の活性化のため、音楽イベントを企画しました。12月25日(金)午後5時から8時まで、JR前橋駅北口特設ブースでゴスペルや合唱、アコーディオン演奏などを披露します。こうした市民主導の取り組みがまちや駅を元気にして、前橋市の魅力創生につながっていきます。普段からJR前橋駅を利用している方はもちろん、ぜひ多くの方にお聴きいただきたいと思います。 

(前橋の地域若者会議代表)
 このイベントは今回限りではなく今後も継続していくことを目指して企画しました。市内では多くの音楽イベントが開催されており、イベントに参加することを目的に前橋駅に降り立つ人もいると思います。駅に音楽が溢れていることで、イベントへの期待感がより高まったり、会場までの移動距離を短く感じたりしてもらえれば嬉しいです。また、前橋市は屋外で音楽を演奏できるところが少ないので、今まで市民が前橋以外の土地に出向いて音楽を発信したり、デビューしたりするということがありました。今回の取り組みは、市民が自分の音楽を発信できる場所を作り出すことも目的としています。 

(アコーディオン奏者Rinn氏)
 前橋駅に降り立った人が音楽を聴いてほっとしたり、こんなことをしているんだ、自分もやってみたいと思ったりしていただけるよう、演奏者一同一生懸命頑張ります。ぜひ温かく見守ってください。

2 質疑応答

○前橋市民体育館ネーミングライツ契約の締結について

 (記者)
 応募件数は何件ありましたか。

 (スポーツ課長)
 株式会社ヤマト1件です。

 (記者)
 前橋市でのネーミングライツ契約は何件目ですか。 

(スポーツ課長)
 ヤマダグリーンドーム前橋に次いで2件目です。

  ○空き家対策について

 (記者)
 前橋市以外に特定空家等の所有者への勧告を行った自治体を教えてください。

 (建設部長)
 国土交通省の発表によると平成27年10月1日時点で、神奈川県横須賀市、京都府京都市、長崎県平戸市、大分県別府市の4件で勧告を行っています。前橋市は10月23日に初の勧告を行いました。 

(記者)
 空家等データベースの作成はいつ頃を予定していますか。

 (建設部長)
 現時点では未定です。調査の状況を確認しながら検討していきます。

  ○  「前橋おかえりなさい演奏会」の開催について  

 (記者)
 前橋の地域若者会議のメンバーは何人いますか。

 (生活課係長)
 登録メンバーは40人超います。今回のイベントに関わったのはそのうちの15人程度です。 

(記者)
 今回のイベントに対する所感を聞かせてください。 

(市長)
 前橋をよくしたいという皆さんの気持ちがとても嬉しいです。イベントを通じて、前橋市が音楽に触れやすいまちになっていってほしいと思います。

 ○「楫取素彦と松陰の短刀」銅像建立について

  (記者)
 建立のための寄付金が不足していると一部報道にありましたが、今後の展望について聞かせてください。 

 (市長)
 銅像の建立は、民間や市民の皆様と協働し、進めてきたものですので、いただいた寄付金で足らない部分は本市で補い、予定どおり建立します。年内で寄付金の募集は一旦締め切りますが、今後の寄付をお断りするものではありません。

  (以上で終了)

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市政発信課 広報係

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)