スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成28年1月21日開催)

最終更新日:2016年1月26日(火)ページID:015910印刷する

平成28年1月21日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成28年1月21日(木)午後2時~2時40分

会場

市役所11階南会議室

1 冒頭

  ○大雪への対応について

 (市長)
 2年前の大雪での反省を踏まえて、市ではさまざまな雪対策に取り組んできました。昨年12月には、大雪に備えて県、高崎河川国道事務所、県内各市町村と関係機関で大規模な除雪訓練を行いました。今回の大雪では、これらの経験を生かし、素早い初期対応がとれたと思っています。また、市民の皆さんが自ら歩道などの除雪にあたってくれたことに深く感謝します。

2 案件説明

(1)写真パネル展「写真で振り返る昭和30年代の前橋市」の開催について<資料1>(PDF形式:138KB)
  (市長)
 今回使用する写真は、昭和37年頃、日新電機株式会社が前橋市へ工場建設を決定した際に、転勤候補者やその家族たちに前橋市の生活環境を知らせる目的で撮影したものです。今回のパネル展のために前橋製作所からお借りしました。市民の皆さんには50年以上前の本市の様子を伝える写真を見ることで、街並みの移り変わりを感じ取り、市への愛着を深めていただきたいと思います。
 展示は1月25日(月曜日)から2月12日(金曜日)まで前橋市役所1階ロビーで、2月16日(火曜日)から29日(月曜日)までJR群馬総社駅構内で、3月から8月までは公民館および市民サービスセンター16カ所で順番に行います。また、パネル展に併せて市役所1階ロビー、前橋テルサ1階、前橋文学館1階、前橋プラザ元気21地下1階、フットワークステーション1階のデジタルサイネージでも放映します。 

(日新電機株式会社前橋製作所長)
 日新電機株式会社は昨年50周年を迎え、前橋製作所でも祝賀イベントを開きました。その際、今回お貸しした写真と今の写真を比較する社内展示を行ったところ、昔の写真が市長の目に留まり、パネル展を開きたいとお声掛けいただきました。市民の皆さんに展示を楽しんでいただけたら幸いです。

(2)赤城南麓前橋産美味しい食材フェア(株式会社ぐるなびとの連携事業)の開催について<資料2>(PDF形式:443KB)
 (市長)
 株式会社ぐるなびと前橋市が連携し、首都圏の飲食店で前橋産食材を活用した料理を提供するフェアを開催します。期間は1月25日(月曜日)から3月9日(水曜日)までで、トマト、キュウリ、ホウレンソウ、豚肉などの前橋産食材を使った料理を8店舗で提供します。このフェアを通じて前橋産食材の販路拡大につなげていきたいと考えています。

(3)前橋版人口ビジョン・総合戦略(案)に関するパブリックコメント(意見募集)について<資料3>(PDF形式:130KB)
(3)前橋版人口ビジョン・総合戦略(案)に関するパブリックコメント(意見募集)について<資料3_概要版>(PDF形式:1,168KB)
 (市長)
 国は、人口減少克服に向けた取り組みを進めるため、今年度末までに人口ビジョンおよび総合戦略を策定するよう全国の自治体に要請しました。これを受け、本市の人口ビジョンと総合戦略の案を作成しました。人口ビジョンは、人口の動向を分析し目指すべき将来の方向性を示すもので、2060年までを計画期間としています。総合戦略は、人口ビジョンの分析を踏まえ今年度を含む今後5年間で取り組むべき施策を示すものです。
 これらについて市民から意見を募集するパブリックコメントを実施します。募集期間は1月21日(木曜日)から2月19日(金曜日)まで、意見の提出は郵送、ファクス、電子メール、または市役所に直接提出ください。寄せられた意見は、本市の考え方と併せて、市役所政策推進課等の閲覧場所で公表します。

質疑応答

○大雪への対応について  

 (記者)
 大雪被害に遭った施設や農家に対してどのような対応をしていきますか。

 (市長)
 被害状況が出揃った段階で、各担当部課と協議し、対応していきます。

 ○写真パネル展「写真で振り返る昭和30年代の前橋市」の開催について

 (記者)
 当時の前橋製作所には何人ほど転勤者がいたのでしょうか。

 (日新電機株式会社前橋製作所長)
 全体でおよそ250人、県内採用が150人ほどいたので、100人ほどだと思います。 

(記者)
 現在の前橋製作所も転勤者が多いのでしょうか。 

(日新電機株式会社前橋製作所長)
 転勤者もいますが、ほとんどが群馬県出身です。

 (記者)
 今回のパネル展で飾られる写真はどなたが撮ったのでしょうか。

 (日新電機株式会社前橋製作所長)
 社員の誰かだと推測されますが、撮影者は特定できませんでした。

 ○赤城南麓前橋産美味しい食材フェア(株式会社ぐるなびとの連携事業)の開催について

 (記者)
 今回のフェアで料理提供以外に取り組むことはありますか。

 (農林課課長補佐)
 食材のPRだけでなく、観光のPRも併せて行いたいと思います。また、実際に開催店舗に出向き、関係を深めたいと思います。

 (記者)
 株式会社ぐるなびとの連携は、市にとってどのような利点がありますか。 

(農林課課長補佐)
 市外の新しい店舗の開拓は自分たちの力ではなかなか難しいところがあります。株式会社ぐるなびを通じて店舗を紹介してもらえるという利点があります。

 ○前橋版人口ビジョン・総合戦略(案)に関するパブリックコメント(意見募集)について

(記者)
 パブリックコメントの結果はどのように公表するのでしょうか。 

(政策推進課長)
 記者への情報提供や市ホームページでの公表を予定しています。

 (記者)
 確定した前橋版人口ビジョン・総合戦略の公表時期はいつですか。

 (政策推進課長)
 遅くとも今年度末までに公表します。

 ○前橋市長選挙について  

(記者)
 市長選挙に対する市民の盛り上がりについて何か感じられますか。

 (市長)
 現職として臨む初めての市長選挙で、今はほとんど公務に時間をとられているため、戸惑いを感じています。市民の盛り上がりを感じる機会もほとんどなく、実際に盛り上がりに欠けているのではないでしょうか。私たちがもっと市民に関心を持ってもらえるような話題を提供したほうがよいのかもしれません。ただ、市長選挙は暮らしを議論する選挙です。暮らしていくために大切なものを考えるため、取捨選択の議論ではなく、優先順位の議論になります。そのため、大きな対立が起きにくく盛り上がりにくいのだと思います。

 (記者)
 青年会議所開催の公開討論会に参加されますか。

 (市長)
 現在調整中で、参加は未定です。

○4年間前橋市長を務めて

 (市長)
 この4年間、さまざまな変革を求めながら、そのスピードに既存のシステムが追いつかないことをもどかしく感じていました。しかし、振り返ってみれば多くのことを変えられました。次の任期を務めることができるのであれば、この変化を市民が感じられるよう、暮らしの変化として見せていきたいです。

  (以上で終了)

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市政発信課 広報係

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)