スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成28年8月25日開催)

最終更新日:2016年8月31日(水)ページID:016992印刷する

平成28年8月25日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成28年8月25日(木) 午後2時00分~2時25分

会場

市庁舎4階 庁議室

1 冒頭

(市長)
 先般、前橋市内では台風による大雨警報が発令されるとともに、自主避難所が開設されました。幸いにも、土砂災害防止のためなどの避難勧告や避難指示まで至らずに済みましたが、大きな台風が発生しておりますので、市民の皆様におかれましては、防災ラジオや防災マップの再確認など、災害に対する心構えを持っていただきますようお願いいたします。

2 案件説明

シェイクアウト(地震対応)訓練の実施について<資料1>(PDF形式:127KB)
シェイクアウト(地震対応)訓練の実施について<チラシ>(PDF形式:184KB)
(市長)
 地震への対応力を高めるため、9月1日午後1時からシェイクアウト訓練を行うことになりました。「シェイクアウト」とは、アメリカで考案された「地震の揺れに備えろ!」という意味合いの掛け声です。緊急地震速報に併せて、職員や市民が身の安全を守る行動をとる訓練です。

萩原朔太郎生誕130年記念イベント 松本大氏と萩原朔美館長記念トーク<資料2>(PDF形式:120KB)
萩原朔太郎生誕130年記念イベント 松本大氏と萩原朔美館長記念トーク<チラシ>(PDF形式:843KB)
(市長)
 萩原朔太郎の生誕130年を記念して、今年度さまざまな取り組みを進めておりますが、今回は、マネックス証券株式会社代表取締役会長CEOの松本大氏と前橋文学館の萩原朔美館長によるトークイベントを開催いたします。
 松本氏は中学生時代から萩原朔太郎のファンで、朔太郎は最も好きな詩人とのことです。松本氏のような経済人が何故に萩原朔太郎を研究しているのか、興味深いものがありますので、とても面白いイベントになるのではないかと思います。

前橋市民文化会館のネーミングライツスポンサー募集について<資料3>(PDF形式:139KB)
(市長)
 平成29年4月1日の前橋市民文化会館のリニューアルオープンに合わせて、新たにネーミングライツスポンサーを募集したいと考えております。本市としては、グリーンドーム、市民体育館に続く募集となります。
 募集条件としては、年額200万円以上、契約期間5年以上を予定しております。

サイクルツリー前橋の開設及びデジタルサイネージの運用開始等について<資料4>(PDF形式:423KB)
(市長)
 前橋駅北口において、9月12日に大和リース株式会社が建設した駐車場に隣接して、サイクルツリーがオープンいたします。サイクルツリーに隣接して、世界最大級の自転車メーカーであるGIANTのショップも開業いたします。これは、自転車のまちまえばしの拠点となる施設であると考えております。
 前橋駅を降りたサイクリストが、自転車を借りて赤城山を目指していくという一つのストーリーの出発点になると思います。
 今後、本市では自転車専用レーンの設置やサイクルステーションの整備など、自転車利用を促進できるようなまちづくりを進めてまいりたいと思います。
 サイクリングの場所としてしまなみ海道が有名ですが、赤城もこれに負けないくらいの場所にしたい、その第一歩だと考えております。これで完結したのではなく、ここから赤城に向かって新しいサイクリングロードが伸びていくようなイメージで、今回の大和リース株式会社と株式会社GIANTの取り組みを見ていますし、市としても頑張っていきたいと思います。

Maebashi 45DAYSについて<資料5>(PDF形式:131KB)
Maebashi 45DAYSについて<特区一覧表>(PDF形式:174KB)
Maebashi 45DAYSについて<チラシ>(PDF形式:1,248KB)
Maebashi 45DAYSについて<ロゴ一覧>(PDF形式:120KB)
(市長)
 昨年に引き続き、今年も市民参加型イベントMaebashi 45DAYSを開催いたします。Maebashi 45DAYSは、自由な自己表現の場であると考えています。実行委員長につきましては、昨年は私が務めておりましたが、今年は民間の方にお願いしております。
 Maebashi 45DAYSは9月22日からですが、そのプレイベントとして、「街中リバーフェスin広瀬川」や「広瀬川BBQ」、「ミニふわフェス」などが開催されます。さまざまなイベントが開催されますので、ぜひお越しください。

(45DAYS実行委員長)
 この事業は、昨年実施した「前橋○○特区45DAYS」というイベントの2年目の事業であり、今年は名称を「Maebashi 45DAYS」と変更いたしました。期間については、9月22日から11月5日までの45日間、中央イベント広場を中心に行います。
 昨年と大きく異なる点は、100以上あったイベントを45に絞り、そのイベントに対して昨年以上に実行委員会メンバーがフォローしていくという点です。既に45のイベントの選定は終わっており、市内の協賛企業に対してもPR活動を行ったところ、大変協力的に受け止められております。
 先日の前橋ビジョン発表会からの流れを受けて、前橋が大きく変わる節目になっているということを企業の皆さんも感じているのではないかと思います。
 私たち市民が、前橋に対する思いや熱量を一つ一つかたちにしていきたいと思っておりますので、応援をしていただきますようお願いいたします。

3 その他

ランドネきたかんマルシェについて

(市長)
 水戸市、宇都宮市、前橋市、高崎市の四市の連携により、9月18日から20日にかけて、新宿駅西口において物産フェアであるランドネきたかんマルシェが開催されます。

シルクサミットin前橋について

(市長)
 以前にもご案内いたしましたが、8月27日、28日に前橋から広がった糸の技術を追うシルクサミットin前橋を開催します。

4 質疑応答

シェイクアウト訓練について

(記者)
 訓練当日はどのような流れで行うのですか。また、撮影を行う場合、どの辺りで行ったらよろしいですか。

(危機管理室長)
 9月1日午後1時に、市役所本庁舎及び議会棟で緊急地震速報を流します。その後、市民や職員が頭部を低くして、机の下に入ったり、机がない場合は頭部を守って動かないでいただきます。訓練の時間は、概ね2分間程度を予定しております。
 取材等をされる場合は、本庁舎1階に市民が多いと思われますので、1階ロビーで行っていただければと思います。

(記者)
 訓練の際に、職員は市民への呼びかけを行う練習も同時に行うのか、または、職員も自分の身を守るということが訓練の趣旨としてあるのか伺います。

(危機管理室長)
 職員に対しては、災害時にとるべき行動のガイドラインを既に示しております。訓練前日に、本庁舎の1階、2階など市民が多く訪れる場所に危機管理室の職員が行き、実際の声掛けに関する説明を行います。
 まずは市民の安全を最優先に、そして揺れが来たら職員自らも、特に頭を怪我しないような行動をとるようにしたいと考えております。

(記者)
 時間の告知及び職員の訓練も兼ねているという報道をしてもよろしいですか。

(危機管理室長)
 市役所には多くの市民がいらしておりますので、市民の安全と職員の安全を確保する訓練とご理解ください。当日は、ポスターをロビー等に掲示しますので、時間についても告知していただいて結構です。

サイクルツリー前橋の開設及びデジタルサイネージの運用開始等について

(記者)
 自転車はすべてレンタルですか。

(大和リース株式会社)
 まず、サイクルツリーの収容台数は72台です。その内、23台がレンタルです。車種としてはロードバイクとクロスバイクであり、ロードバイクについてはフレームがカーボン製の車種も用意いたします。
 その他、月極の定期利用として10台を考えています。ただし、利用については、スポーツバイク限定となります。
 残りの台数については、今後の需要を見ながらレンタルを増やすか、月極を増やすかを検討していきたいと考えております。

(記者)
 レンタル自転車はすべて大人用ですか。

(大和リース株式会社)
 キッズ用のクロスバイクを2台用意しております。また、大人用につきましても、女性や体の大きい男性にも対応できるよう、さまざまなサイズの自転車を用意しております。

(記者)
 レンタル料金はどのようになっていますか。

(大和リース株式会社)
 レンタル料金につきましては、5時間、日帰り(一日)、一泊の三種類があります。
 5時間利用の場合、キッズ用クロスバイクが2,000円、大人用クロスバイクが3,000円、アルミ製ロードバイクが3,500円、カーボン製ロードバイクが5,000円となっております。日帰り(一日)、一泊の場合は、それぞれ料金が上がります。

(記者)
 サイクルツリーは何階建てですか。

(大和リース株式会社)
 6層です。

(記者)
 このような形状の建物はあまり見かけませんが、他所での例はありますか。

(大和リース株式会社)
 サイクルツリーはJFEエンジニアリングの商品ですが、円筒形ガラス張りの立体駐車場としては同社の社員寮のみであり、一般利用できるタワー型の駐輪場としては全国初です。

(記者)
 デジタルサイネージで放映する内容は市政情報ですか。

(大和リース株式会社)
 市政情報が中心です。

(記者)
 前橋駅前では大型ビジョンによる放映は初めてですか。

(大和リース株式会社)
 弊社としても、前橋市としても初めてです。

(記者)
 レンタサイクルのストア運営について、大和リースとGIANTの関係を教えてください。

(大和リース株式会社)
 レンタサイクルについては弊社が事業者になりますが、貸し出しや料金収受などのレンタル業務については、弊社からGIANTストアに業務委託いたします。このため、予約などはGIANTストアで行っていただくかたちになります。

(記者)
 ストア運営についてですが、自転車の販売なども行うのですか。

(大和リース株式会社)
 今回、前橋市から借用した土地に弊社で建物を建てております。そこに、GIANTのフランチャイズオーナーとして株式会社ナカジマが入り、GIANTストアの運営をいたします。こちらのGIANTストアにつきましては、全国にあるGIANTストアと同様に、GIANT商品の販売なども行います。

(以上で終了)

お問い合わせ先

市政発信課 市民提案推進室

  • 電話:027-898-6644
  • ファクス:027-224-1288

群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)