スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成29年6月13日開催)

最終更新日:2017年6月20日(火)ページID:018165印刷する

平成29年6月13日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成29年6月13日(火) 午後2時00分~3時00分

会場

市庁舎11階 北会議室

1 案件説明

(1)第1回前橋トライアスロンフェスタを開催します

案件1_説明資料(PDF形式:128KB)
(市長)
第1回「前橋トライアスロンフェスタ」を開催します。9月30日(土)開催、場所は群馬県立敷島公園です。
フェスタの特徴や募集について、実行委員会の事務局を担当し、特別協賛される株式会社メモリードの担当者から説明いただきます。

(実行委員会事務局担当者)
この大会は、未経験者や未就学児、あらゆる世代の方が気軽にチャレンジできるような「日本一やさしいトライアスロン」を目指しました。コース距離が短いこと、シティサイクル(軽快車)でも参加できることが大きな特長です。自転車はレンタルも行います。スイムコースは屋内プールを使用し、海のない前橋市でも開催可能にしました。募集期間は6月13日から9月15日(金)までで、公式サイトから申し込めます。定員になり次第締め切りとなります。

(2)赤城の恵「梅酒」芋焼酎仕込みを新発売

案件2_説明資料(PDF形式:146KB)
(市長)
前橋産サツマイモから作られた本格芋焼酎「赤城の恵」の原酒をベースに、前橋産の梅を漬け込んだ梅酒を製造しました。6月14日(水)から、限定6,000本販売します。
芋の甘みと梅の香りのバランスがよく、すっきりとした味わいが特徴です。内容量は720ミリリットル、アルコール度数は14度、販売価格は税込1,500円です

(3)「Maebashi45DAYS~前橋めぶくフェス~」を開催します【初開催】

案件3_説明資料(PDF形式:125KB) 案件3_チラシ(PDF形式:198KB)
(市長)
 今年も秋頃に開催予定の「Maebashi 45DAYS」のプレイベント「前橋めぶくフェス」を開催します。日時は6月25日(日)正午から午後8時まで、会場は中央通りアーケードと中央イベント広場です。
作り手の思いのこもった品を手にとりながら、コミュニケーションを楽しめたり、安全な食材とサービスを楽しめたりするマルシェです。中心市街地に新しい価値を創造していきたいと思いますので、ぜひお越しください。

(4)前橋結婚手帖を発行します

案件4_説明資料(PDF形式:142KB) 案件4_詳細資料(PDF形式:281KB)
(市長)
 「結婚を望む人誰もが、結婚できる地域社会を実現したい」という願いのもと、「前橋結婚手帖」を作成しました。
「前橋結婚手帖」が、結婚したいと思いながらも行動に至っていない人たちの背中をそっと後押しするとともに、多くの市民、企業・団体、行政それぞれが地域の将来を考える一つの契機になることを願っています。
市役所、各支所・市民サービスセンターや婚活イベント等で手に入るほか、商工会議所を通じて市内企業等へ配布します。また、市外在住の方はAmazon等のインターネットサイトを通じて、税込み1,296円で購入できます。

(NPO法人代表)
 前橋市と協働して、「前橋結婚手帖」を作成しました。未婚者へのヒアリング結果から結婚までの障壁を洗い出し、22の障壁とその解決策のヒントをまとめています。
また、前橋を舞台とした馴染みやすいストーリーを導入するとともに、男女問わず抵抗なく読めるよう擬人化した動物キャラクターを用い、さらには前向きに結婚に向かえるようにポジティブな表現で全体をデザインしています。

2 質疑応答

○第1回前橋トライアスロンフェスタについて

(記者)
 前橋トライアスロンフェスタ実行委員会の構成を教えてください。

(実行委員会事務局担当者)
 民間企業と一般社団法人などで構成されています。

(記者)
 全体で何名参加できますか。

(実行委員会事務局担当者)
 640名です。

(記者)
 一般(リレー)とはどのような形式でしょうか。

(実行委員会事務局担当者)
 3人の選手がスイム、バイク、ランを一種目ごと担当します。

(記者)
 プロも参加できますか。

(実行委員会事務局担当者)
 参加できます。

(記者)
 距離設定には何か理由がありますか。

(実行委員会事務局担当者)
 未経験者のハードルが高くならないよう距離を調整しました。運営協力先に相談したり、実行委員会で話し合ったりして決めました。

(記者)
 担当者は元プロということですが、経歴を教えてください。

(実行委員会事務局担当者)
 2005年から2017年4月までプロとして活動してきました。全日本トライアスロン宮古島大会では3回優勝、アイアンマン世界選手権大会に7回出場し、大会自己ベストは18位です。

(記者)
 前橋市でトライアスロン大会を開催するのは初めてですか。

(スポーツ課長)
 ミニトライアスロン大会が長年開催されていますが、この規模では初です。

(記者)
 前橋市がこの大会に期待することは何でしょうか。

(市長)
 自転車のまち前橋のPRにつながってくれること、市民の健康増進に一役買ってくれることを期待します。この大会開催に民間企業がひと肌脱いでくれることをうれしく思います。

○前橋結婚手帖について

(記者)
 「前橋みらい家族ラボ」プロジェクトとはどういうものですか。

(NPO法人代表)
 前橋市とNPO法人が連携し結婚や子育てに関する課題解決を目指すプロジェクトです。その第1弾が前橋結婚手帖の発行で、現在は第2弾を計画中です。

(記者)
 本の製作費用を教えてください。

(政策推進課長)
 63万円です。

(記者)
 この取り組みは全国でも珍しいのでしょうか。

(NPO法人代表)
 冊子を発行しているところはいくつかありますが、これだけ本格的なものは全国初です。

(記者)
 2,000冊の根拠を教えてください。

(政策推進課長)
 さまざまなバランスを考慮した結果です。

(記者)
 主なターゲット層はどの年代でしょうか。

(政策推進課長)
 特に年代は限定せず、結婚について悩んでいる人に向けて作成しました。

(記者)
 この手帖の最終的な目標は何ですか。

(政策推進課長)
 前橋市で結婚してもらい、結果として人口減少の歯止めにつながっていくことを目指しています。

○上毛電鉄LRT化の検討について

(記者)
 現時点での市長の見解をうかがいます。

(市長)
 検討を進める中で実現にどれくらいの費用が必要か分かってきましたが、財政負担的に非常に厳しいです。現制度下での実現は難しいため、国の今後の動きを注視したり、働き掛けたりしたいと考えています。

○るなぱあくへの支援について

(記者)
 るなぱあくの来場者数が増加していますが、市として今後何か支援をしていきますか。

(市長)
 るなぱあくは指定管理者制度を採用し、指定管理者のアイデアや工夫のおかげで来場者が増えています。現時点で指定管理者から市への要望はありませんが、協力できることはしていきたいと考えています。
 今後、「パークマネジメント」の考え方が広がっていくにつれて、るなぱあくだけでなくさまざまな公園の運営のしかた、考え方は変わっていくのだろうと思います。


(以上で終了)

お問い合わせ先

市政発信課 

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)