スクリーンリーダー用ショートカット

 

定例記者会見概要版(平成30年1月29日開催)

最終更新日:2018年2月13日(火)ページID:019084印刷する

平成30年1月29日に開催された定例記者会見の要旨です。

日時

平成30年1月29日(月曜) 午後2時00分~2時45分

会場

市庁舎4階 庁議室

1 冒頭

○本白根山の噴火を受けて

(市長)
 本白根山噴火に伴い、群馬県消防相互応援協定に基づき、前橋市も消防局職員を20人派遣しました。無事任務を終え、現在は帰還しています。全国で唯一本市が保有しているドローン搭載車などを使用して、適切な救助救命活動にあたったと報告を受けました。また、ザスパクサツ草津や群馬クレインサンダーズに対してチームの活動を通じて群馬のために活躍してほしいと要望しました。

2 案件説明

(1)株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと地域活性化包括連携協定を締結

案件1_説明資料(PDF形式:191KB) 案件1_チラシ(PDF形式:497KB)
(市長)
 前橋市はセブン‐イレブン・ジャパンと本日1月29日に地域活性化包括連携協定を締結しました。セブン‐イレブン・ジャパンとは、AEDや広報まえばし、スタンドの無い自転車が駐輪できるサイクルラックの設置などで、すでに協力関係が築かれています。
今後は、地産地消の推進、市産品の販売促進、健康増進、食の安全・安心、高齢者支援、雇用支援、地域の活性化に向けての施策への協力など、地域に密着した取り組みをさらに連携して進めていきます。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 現在、前橋市には83店舗のセブン‐イレブンがあります。このインフラを利用して地域貢献していきたいと考え、前橋市と包括連携協定を結びました。協定は9つの項目がありますが、特に高齢者の雇用と地域の見守りについて強化していきたいです。

(セブン‐イレブン前橋上小出店オーナー)
 私たちは地域住民や日頃不便を感じている人の手助けになる取り組みを進めています。前橋市と連携できることはありがたく、地域にさらに密着した店づくりを、83店舗で協力して進めていきたいと思います。

(2)「身体拡張2018 公園デビュー」を開催します

(市長)
 アーツ前橋を「公園」に見立て、身体表現(パフォーマンス、音楽、演劇、ダンス、ポエトリーリーディングなど)に焦点をあてたイベントを開催します。既存のジャンルの枠にとらわれない身体表現のための場を「公園」と名付け、誰もが身体を使って表現する楽しみに「デビュー」できるような空間を作り出します。期間は2月2日(金)~2月18日(日)のうち12日間です。木・金の平日は無料で、土日祝日は有料となります。

(アーツ前橋館長)
 昨年4月に開催されたワークショップの実行委員とともに開催します。気軽に楽しんでもらうため、チケットは再入園可能なフリーパスにしました。このイベントは自己表現や仲間探しの場にもなると思います。なお、アーツ前橋1階ギャラリーでは、アーツ前橋の所蔵作品を展示する「彼女たちのまなざし」展を同時開催します。

(身体の芸術推進実行委員会副委員長)
 このイベントには4つの特徴があります。1つ目は灰野敬二さんや和合亮一さんなど、世界的にも有名なアーティストをお呼びしている点です。2つ目は誰でも参加できる交流スペースを設ける点です。新しい出会いや表現の場にしてもらいたいと考えています。3つ目は今回のイベントに参加した人たちが集まるフォーラムを開催する点です。これからのことや考えていることをみんなで話す場にしようと思います。最後は過去20年間に開催された市民劇団の公演チラシをアーツ前橋の壁に展示する点です。県内には約50の劇団があり、そのほぼ全ての公演を見てきた男性がいます。その人が保管していた約1,000枚のチラシを展示します。群馬県の文化の底力を感じてもらえると思います。

3 質疑応答

○株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと地域活性化包括連携協定を締結

(記者)
 包括協定の締結に至った経緯を教えてください

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 私たちは平成21年3月に群馬県と包括協定を結んでいます。前橋市とも包括連携協定を結ぶことは、会社方針である「近くて便利、より身近なお店」に沿う取り組みだと思い、こちらから前橋市に申し出ました。

(記者)
 今回、高齢者の雇用を強化したいとのことでしたが、雇用者を確保するのは現在難しいでしょうか。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 正直なところ、かなり厳しい状況にあります。シニア世代にアンケートをとると、若い人の職場という印象が強いようで働き先候補にコンビニエンスストアが挙がってきません。しかし現在店舗ではシニア世代の皆さんがとても元気に働いています。そのギャップを埋め雇用につながるよう、マッチングを強化したいと考えています。

(記者)
 全国の自治体と包括協定を結んでいるということですが、協定内容はどこも同じでしょうか。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 ほぼ同じです。

(記者)
 前橋に特化した内容があれば教えてください。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
連携事項の9つの項目はどの自治体も同じです。具体的な事業内容は各自治体と相談して決めていくので、変わってきます。前橋市ともこれから話し合っていきます。

(記者)
 シニアお仕事説明会は県内初ということですが、全国的にはいかがでしょうか。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 全国ではすでに事例があります。

(記者)
 県との協定に入っていないものはありますか。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 ほぼ同じです。シニアお仕事説明会は地域と密接に関わらなければ実施できないため、前橋市が県内初開催です。

(記者)
 コンビニエンスストアの仕事は重労働の印象があります。高齢者が働くのは大変ではないのでしょうか。

(セブン‐イレブン前橋上小出店オーナー)
 重いものを運ぶこともほとんどなく、運んだとしても補助する方法もあるため、心配することはありません。

(市長)
 商品配達サービス「セブンミール」に年齢制限がありますか。

(株式会社セブン-イレブン・ジャパン群馬・西埼玉ゾーンマネージャー)
 年齢制限はありません。送料は500円以上から無料です。

○「身体拡張2018 公園デビュー」を開催します

案件2_説明資料(PDF形式:145KB)
(記者)
 全部で何組が参加するのでしょうか。

(アーツ前橋館長)
 約50組です。

(記者)
 ワークショップの参加は事前予約が必要ですか。

(アーツ前橋館長)
 事前申し込みをうたっているものもありますが、基本的にはすべて当日参加も可とします。

○本白根山の噴火を受けて

(記者)
 冒頭でもお話がありましたが、今後は何か支援をするのでしょうか。

(市長)
 要請があれば対応します。

(記者)
 赤城山に対し今回のことを受けて何か対応をしますか。

(市長)
 今回、常時観測が行われていなかった山で噴火が起きました。赤城山も現時点で常時観測は行われていませんが、活火山です。こうしたことは、科学的根拠に基づき判断されていることですので、その中で必要な対応を図っていくことが本市の役割だと考えます。

(以上で終了)
 

お問い合わせ先

市政発信課 

  • 電話:027-898-6642
  • ファクス:027-224-1288

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)