スクリーンリーダー用ショートカット

 

公益通報者保護制度について

最終更新日:2016年4月15日(金)ページID:001665印刷する

公益通報者保護制度とは

事業者の違法行為が、内部で働く労働者からの通報で明らかになることが相次いだことから、通報した労働者が事業者から不当な扱いを受けることのないよう公益通報者保護法が制定され、平成18年4月1日から施行されています。
公益通報者保護制度は、この法律に基づき、事業者や行政機関がとるべき措置を定め、公益のために通報を行った労働者に対する解雇や不利益な取扱いを禁止するとともに、企業等の法令違法行為を防止し、消費者やサービス利用者が被害にあったり、被害が広がったりしないようにするためのものです。
前橋市では、公益通報者保護法に基づき、本市が処分又は勧告等の権限を有する事項について、公益通報の受付を行うとともに、受理した公益通報については、通報に関する秘密を保持し、必要な調査を行い、通報対象事実があると認められる場合には、法令に基づく処分又は勧告等の措置を講じます。
窓口に寄せられた公益通報の要件を満たさない通報については、一般の情報提供として取り扱うことになります。
また、前橋市が処分または勧告等を行う権限を持っていない法令違反行為については、国や県等、権限を持つ行政機関をご案内いたします。

公益通報者保護制度ウェブサイト(消費者庁)新しいウィンドウで開きます)

    (注)公益通報者保護法及び公益通報制度全般についてのご相談は、消費者庁の「公益通報者保護制度相談ダイヤル」(電話番号 03-3507-9262)にお問い合わせください。

前橋市における公益通報手続き

1 公益通報の要件

公益通報として、保護の対象となるためには、一定の要件が必要になります。

  • 通報者が通報の対象となる事業者へ労務提供している労働者であること。
  • 通報に不正の目的がないこと。
  • 法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしていること。
  • 通報内容が真実であると信じる相当の理由があること  
  • 前橋市が法令違反事実について処分又は勧告等の権限を有していること。

2 公益通報の方法

前橋市では、処分又は勧告等の権限を有するなど通報内容を所管する部署で、下記の様式により受け付けています。

通報対象となる法律の所管課一覧(受付窓口)(PDF形式:147KB)
通報の様式(PDF形式:21KB)
外部の労働者からの通報に関する処理の指針(PDF形式:87KB)

お問い合わせ先

行政管理課 

  • 電話:027-898-6537
  • ファクス:027-224-3003

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)