スクリーンリーダー用ショートカット

 

個人情報の適切な取り扱いのお願い

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:001683印刷する

個人情報保護の過剰反応や個人情報に関する疑問に役立つ情報を紹介します。

「個人情報の保護に関する法律」(個人情報保護法)が平成15年5月に成立、公布され、平成17年4月1日から全面施行されました。
これにより、個人情報取扱事業者に対して、自分に関する情報の開示や訂正を求めることができるほか、事業者が法律の義務に違反して個人情報を取り扱っているときは、その利用停止を求めることができるようになりました。
一方で、必要とされる個人情報の提供が行われなかったり、各種名簿の作成が中止されるなど、いわゆる「過剰反応」と言われる状況も見られるようになっています。
個人情報保護法の目的は、個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護することにあります。この趣旨にのっとり、個人情報の適正な取り扱いが求められています。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。
個人情報保護の過剰反応、個人情報保護法に関するよくある疑問と回答、認定個人情報保護団体一覧表、国民生活センター・地方公共団体の苦情相談窓口などが掲載されています。
消費者庁 個人情報の保護についてのページへ(新しいウィンドウで開きます)
国民生活センター 個人情報相談事例、過剰反応についてのページへ(新しいウィンドウで開きます)
国民生活センタートップページへ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

情報政策課 

  • 電話:027-898-5883
  • ファクス:027-223-8497

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)